あーっ!こりゃKOREA

韓国のニュースを中心に送るまとめサイトです。 日本のこともたまに掲載します。

    よくやった




    韓国でもこのような意見が出てきたのは良いことだ!

    不用品回収業者の比較するなら!【エコノバ】


    ブラボー1



    1: Felis silvestris catus ★ 2021/03/05(金) 20:12:15.86 ID:CAP_USER9

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b9d69a5a5827bb8203e28ac6c410837e7fc94922
     【関連記事】
    ・「性奴隷説を否定した米論文にぐうの音も出ない韓国」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64066
    ・「慰安婦は性奴隷ではないと理詰めで語る米論文の中身」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64113

    韓国外相と面会する元慰安婦の李容洙氏(写真)

    ■ ラムザイヤー論文批判の中身

     (李宇衍:『反日種族主義』共同執筆者)

     ハーバード大学のラムザイヤー教授は自身の論文にて、慰安婦と慰安所は契約の関係であったと主張した。これに異を唱える韓国や米国の研究者の一部は、いまだに批判を続けている。批判の中核は、契約の関係を立証する契約書、つまり契約内容の書かれた「紙」を提示できないということだ。ここには、合意内容を必ず文書に残す欧米の契約文化と、口頭契約の依存度が高かった韓国の契約文化との違いを理解していないという背景がある。

     「契約書がない」という批判は、「契約自体なかった」という「確信」がベースにある。「契約がないのだから契約書も当然ない」という論理だ。批判者たちに共通しているのは、女性たちは契約ではなく日本の軍人や警察、官吏などに強制連行されて慰安婦になったという認識である。「強制連行だったのになぜ契約書や契約の話が出てくるのか」と責めているのだ。

     批判者たちは「確信」する根拠が山ほどあるという。「被害者」である元慰安婦たちの「証言」、「加害者」である吉田清治氏の「告白」、1992年に吉見義明氏が発見したという「強制連行」を指示した日本軍の文書、1993年に日本政府が発表した「謝罪」の織り込まれた河野談話、1996年に国連人権委員会で公表されたクマラスワミ報告書のように、アムネスティ・インタナショナルや国際法律家委員会(ICJ)などのNGO(非政府組織)が発表した各種調査結果である。だが、その「確信」のベースになった「証拠」の中で、いまも健在なのは元慰安婦の「証言」のみだ。それ以外はすべて虚構か、あるいはこの「証言」を根拠にしたものである。

     国際機関の報告書はどれも元慰安婦と吉田清治氏の証言、日本軍の文書、河野談話に拠っていた。河野談話は、「被害者と加害者の証言があり、これを客観的に立証する日本軍の文書がある」と多くの人が確信する状況において、追い込まれた日本政府が作成したものだ。しかしその後、その日本軍の文書は「強制連行」と無関係であることが立証され、他の文書は発見されていない。また、吉田清治氏の「告白」は創作だったことが明らかになる。日本で吉田氏を集中的に取り上げて報道した朝日新聞は、その名声もむなしく、それらの報道を取り消すに至った。一見すると証拠が山のように積まれているが、実際は元慰安婦の証言だけしか残っていない。

     では、元慰安婦たちの言う「強制連行だった」は信じられるのか。


    (略)



    引用:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1614942735/


    【「慰安婦は性奴隷ではなく売春婦」 ようやく崩れ始めた「慰安婦強制連行説」 報道した朝日新聞は、それらの報道を取り消すに至る…】の続きを読む




    期待してしまうなぁ!

    不用品回収業者の比較するなら!【エコノバ】


    ブラボー1




    1: すらいむ ★ 2021/01/19(火) 20:18:44.81 ID:CAP_USER

    AIトップ学会で日本勢躍進、「後進国」返上なるか
    市嶋 洋平 シリコンバレー支局長

     「後進国」ともいわれた日本のAI(人工知能)の研究が大きく変わりつつある。
     同分野の有力な国際学会「NeurIPS」では最高位に日本勢の論文が相次いで選ばれた。
     米中に量で追い付くため海外研究機関との連携などの施策が欠かせない。

     AI分野の有力な国際学会である「NeurIPS」。
     2020年12月にオンラインで開催された学会である異変が起こった。
     採択率が1%の優秀な論文として、日本勢が相次いで選ばれたのだ。

     NeurIPSでは、データを効率的に学習したり、学習したデータセットの中から特定のパターンを見つけ出したりする機械学習のアルゴリズムや、多層に重ねたニューラルネットワークを利用する深層学習のモデルやそれを応用したアプリケーションなどが取り上げられる。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    日経ビジネス 2021年1月19日
    https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00137/011900011/



    引用:https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1611055124/


    【AIトップ学会で日本勢躍進、「後進国」返上なるか】の続きを読む



    これはメデタイ。遂に断交だな()!


    それで?9








    1: Felis silvestris catus ★ 2021/01/08(金) 17:52:30.91 ID:CAP_USER9

    https://www.recordchina.co.jp/b865993-s0-c10-d0058.html
    2021年1月8日、韓国・ファイナンシャルニュースによると、故コ・チュンヒさんら元慰安婦12人が日本政府に損害賠償を求めた裁判で、ソウル中央地裁は原告勝訴の判決を下し、日本政府に1人当たり1億ウォン(約950万円)の賠償を命じた。

    記事によると、韓国で元慰安婦が日本政府に損害賠償を求めた裁判で判決が出されたのは今回が初めてのこと。

    ソウル地裁は日本政府が、国際法上の国家は他国の裁判で被告になり得ないとする「主権免除」の原則を主張したことについて「被告の行為は計画的、組織的に行われた反人道的な行為であり、国際法の強行規範に違反している」とし、「主権免除は適用されない」と説明した。その上で「各種の資料や顕著な事実、弁論全体の事実などから不法行為が認められ、原告は想像を超えるほどの精神的、肉体的苦痛に苦しんだ」「1965年の日韓請求権協定と2015年の日韓慰安婦像合意に同事件の損害賠償請求権は含まれておらず、請求権は消滅していない」「被告から国際的謝罪を受けられていないことなどを含め、慰謝料は原告が請求した1億ウォン以上が妥当だ」などとして原告側の主張を認めた。

    朝鮮日報によると、この判決を聞いた元慰安婦のイ・ヨンスさんは、涙ながらに「こんなにうれしいことはない。全ての人に感謝したい」と話したという。

    韓国では今月13日にも、元慰安婦とその遺族20人が日本政府に損害賠償を求めた訴訟の第一審判決が言い渡される予定となっている。

    これを受け、韓国のネット上でも「うれしい。他の被害者もどんどん訴訟を起こすべき」「久々に良いニュースが聞けた」などと喜ぶ声が上がっている。

    一方で「たった1億ウォン?いくら日韓関係改善が必要だとしてもこれは韓国国民としてのプライドが傷つく」と賠償額に不満を示す声や、「勝訴したところで日本政府が素直に従うわけない」「韓国内の判決に何の意味があるのか…」とその実効性に疑問を示す声も。

    また「ところでそのお金は元慰安婦本人に渡るのか?ユン・ミヒャン議員(元慰安婦支援団体前代表、支援金流用などの疑いで起訴されている)のような人が全て持っていくのでは?」「まずはユン議員の件を解決しようよ。恥ずかしい」と指摘する声や、「文政権の支持率が下がったからまた反日が始まった」「前政権時に被害者は日本から1人当たり1億ウォンもらったはず。それを現政権がなかったことにしたということ?」と否定的な反応も見られた。(翻訳・編集/堂本)



    引用:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1610095950/


    【慰安婦裁判で日本に賠償命令 元慰安婦は大喜び 韓国ネット「他の被害者もどんどん訴訟を起こすべき」「日本政府が素直に従うわけない」】の続きを読む



    それはすごい


    なるほど3








    1: すらいむ ★ 2020/12/15(火) 16:13:57.82 ID:CAP_USER

    はやぶさ2のカプセル開封 小さじ1杯の砂「期待超え」

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)は15日、小惑星探査機「はやぶさ2」が地球に送り届けたカプセルを本格的に開封し、小さじ1杯ほどの量の黒い砂を確認したと発表した。
     大きいもので数ミリの粒もあるといい、色などから小惑星「リュウグウ」のものとみられるという。

     JAXAによると、この日開封したのは、1回目の着陸で採取した砂が入るエリア。
     重量は今後詳しく量るが、中をのぞいた沢田弘崇・主任研究開発員は「どっさりと期待を超える量が入っていて、言葉を失うほどだった」と話した。
     人工クレーター近くに着陸した2回目の採取分については、年明けに開封する。(小川詩織)

    朝日新聞デジタル 12/15(火) 16:08
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7e705acf3b2efac9b4689dafb58154830436f572



    引用:https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1608016437/


    【【はやぶさ2】カプセル開封、小さじ1杯の黒い砂 「どっさりと期待を超える量が入っていて、言葉を失うほどだった」】の続きを読む




    まったくそのりだ!


    当然だ1








    1: Felis silvestris catus ★ 2020/10/30(金) 17:41:14.53 ID:CAP_USER9

    https://www.nikkei.com/article/DGKKZO65637730Z21C20A0PP8000/
    篠田英朗・東京外国語大教授(国際政治学) 日本学術会議の問題は今国会の重要案件ではない。政権の支持率低下を狙う党派的な事情で時間を使うこと自体がむなしい。新型コロナウイルスへの対応策や経済対策など明らかにより重要な課題がある。

    日本学術会議は国家政策としてやっているから首相所轄となっている。学問の自由…



    引用:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1604047274/


    【東京外国語大教授「日本学術会議の問題は今国会の重要案件ではない。政権の支持率低下を狙う党派的な事情で時間を使うこと自体がむなしい】の続きを読む

    このページのトップヘ