あーっ!こりゃKOREA

韓国のニュースを中心に送るまとめサイトです。 日本のこともたまに掲載します。

    台湾



    ふざけんな()!



    雄山6




    浮気・不倫調査はUG探偵事務所




    1: しゅわっち'92 ★ 2020/05/18(月) 22:42:57.98 ID:CAP_USER

    WHO総会 台湾の参加不可に
    5/18(月) 16:57

    WHO総会、米中対立が先鋭化 台湾不参加、習主席発言へ コロナ対応検証も焦点


    【ベルリン、台北、北京時事】世界保健機関(WHO)の年次総会が18日、2日間の日程でオンライン会議方式で開幕した。  台湾のオブザーバー参加や新型コロナウイルスの初動対応が焦点だが、台湾は開幕直前、WHOから招待されなかったため参加できないと表明。参加を後押ししてきた米国と、強く反対してきた中国の対立は不可避だ。

    続きを読む
    https://news.yahoo.co.jp/pickup/6360104



    引用:https://egg.5ch.net/test/read.cgi/news5plus/1589809377/

    【【WHO総会】台湾の参加不可に】の続きを読む



    さすが台湾だ(尊敬)!


    ガンバレ2



    浮気不倫調査はUG探偵事務所


    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2020/01/16(木) 19:42:14.94 ID:CAP_USER

    <再選を果たした民進党の蔡英文、世論調査が浮き彫りにした「台湾人意識」で読み解く総統選と中台の未来とは>

    1月11日投開票の台湾総統選は、本稿執筆時点で、現職の蔡英文(ツァイ・インウェン、民進党)が再選を果たす情勢だ。1年前は不人気に苦しんでいたが、メディア戦略の強化や対立候補である韓國瑜(ハン・クオユィ、国民党)の失態、香港で続くデモなどの要因により巻き返しに成功した。

    早くも、今回の総統選の結果が今後の中台関係に及ぼす影響が論じられている。しかし、中台関係の未来を見通す上では、1回の選挙結果よりも「台湾人意識」をめぐる世代間格差の拡大に目を配ったほうがよさそうだ。

    有力経済紙「天下雑誌」の世論調査によれば、自分を台湾人だと思うか、中国人だと思うか、両方だと思うかという問いに対して、20~29歳の82.4%は、自らを台湾人とだけ思っていると答えた。この割合は、40~49歳、50~59歳、60歳以上の年齢層では全て50%台後半だった。

    中国との将来の関係については、20~29歳の49.4%、30~39歳の33.5%が(中国との平和を保てるのであれば)独立を望むと回答した。

    それだけではない。2018年に国立政治大学(台北)の選挙研究センターが実施した世論調査によれば、中国が武力により台湾を併合しようとした場合に戦うつもりがあるかという問いに対し、20~39歳の71.6%が「イエス」と回答している。

    台湾が正式に独立を宣言し、それに対して中国が武力行使で応じた場合に戦うかという問いに対しても、この年齢層の64.5%が「イエス」と答えている。この割合は全世代の平均を7.8ポイント上回る。

    中国の戦略にも影響

    同じ世論調査のほかの質問項目を見ると、若者たちが台湾の民主的制度を高く評価していることがよく分かる。

    このような台湾世論の新しい潮流に、台湾の主要政党と中国政府はどのように対応しているのか。

    蔡率いる民進党は、台湾人意識の形成を後押しし、若者の支持を獲得している。昨年7月には、2014年の大規模な学生運動「太陽花(ヒマワリ)革命」のリーダーだった林飛帆(リン・フェイファン)が民進党の副秘書長(副幹事長)に就任。総統選と同日の立法委員(国会議員)選挙にも、若い新人候補が続々と立候補した。

    民進党の若い候補者の多くは、中国が台湾の民主主義を脅かしていると公然と語り、国防の強化を訴えてきた。民進党は、若い有権者の意識が変わり始めていることの恩恵を受けられそうだ。

    一方、今回の総統選で韓を押し立てた国民党は、変化に乗り遅れている。立法委員選挙の立候補者の平均年齢は民進党より高く、親中派とみられている人物も少なくない。中国寄りの姿勢は有権者の反発を買い、韓の選挙戦に悪影響を及ぼした可能性もある。

    若者の意識の変化は、台湾政治の構造を少しずつ変えていくはずだ。それは、中台関係にも大きな影響を及ぼす。

    中国政府も変化を無視するわけにいかなくなる。中国は、国民党以外の台湾の政党とも対話し、台湾の人々の心をつかむ新しい方法を見いだすことに本腰を入れざるを得なくなりそうだ。

    中国にとって、中台統一への台湾の人々の支持を高めることはますます難しくなる。武力に訴えるほかないと感じても不思議はない。

    しかし、それは最も有効な選択肢とは言い難い。戦争になった場合に中国が勝つ保証もない。中国政府はこの点を見誤らないほうがいい。

    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/01/post-92141.php
    Newsweek 2020年1月16日(木)10時30分 江懷哲(台湾アジア交流基金研究員)

    https://i.imgur.com/KaBUbSY.jpg
    若い世代の意識の変化を追い風にした民進党の蔡(中央)



    引用:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1579171334/





    【【台湾世論調査】「中国が武力併合しようとしたら戦うか?」に若者の7割が「イエス」】の続きを読む




    台湾は、お前らと違うぞ()!


    笑い1



    浮気不倫調査はUG探偵事務所


    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2020/01/12(日) 23:47:32.49 ID:CAP_USER

    【1月12日 AFP】11日の台湾総統選で与党・民主進歩党(DPP)の蔡英文(Tsai Ing-wen)総統が圧勝したことを受けて、中国国営新華社通信(Xinhua)は12日、蔡氏が不正行為などの「汚い小細工」を用いたと批判した。

     共産党の一党独裁を強める中国に対して、自らを台湾の自由主義的な価値観の擁護者としてアピールしてきた蔡氏は、過去最多得票で再選を果たした。中国は台湾の孤立化を図ったが、強い反発を招く形になった。

    新華社は英語版の論説で、「これはどう見ても正常な選挙ではない」と述べ、蔡氏と民進党が「不正行為や抑圧、脅迫などの汚い小細工を用いて得票し、身勝手で強欲、邪悪な本性を完全に露呈した」と付け加えた。11日には中国語版の論説でも、蔡氏が票の買収を行ったと非難し、圧勝には「外部の闇の勢力」が一役買っていると主張した。

     台湾統一に向けて武力行使も辞さないと公言している中国政府は、台湾を中国の一部とする「一つの中国」の原則を受け入れない蔡氏を嫌悪している。

     中国は過去4年間、経済・軍事・外交面で台湾への圧力を強め、有権者の不安をあおることで、蔡氏と反対の立場を取る野党の支持を高めようと図ってきた。しかしこうした強硬策が裏目に出て、蔡氏の民進党は支持を拡大した。

     反政府抗議デモが何か月も続き、一部が過激化している香港情勢も追い風になった。中国は台湾との統一にあたって香港と同じ「一国二制度」を適用する可能性を示唆しており、台湾の有権者の間で警戒感が高まっている。

     共産党機関紙系の環球時報(Global Times)は昨年末、蔡氏と民進党が「いわゆる中国本土からの脅威をいたずらにあおり」、対立候補で対中融和派の最大野党・国民党(KMT)の韓国瑜(Han Kuo-yu)氏の本土とのつながりを「中傷した」と報じていた。

     また、中国国営メディアは台湾総統選の結果について、台湾と中国本土の長期的なつながりにおける「例外」と一蹴。新華社は蔡氏の勝利を「まぐれ」と評した。

     環球時報は論説で、「中国本土が徐々に力を増す一方、台湾島が徐々に力を弱めているのは避けられない現実だ」「この現実を認めてそれに従うことが、台湾の平和的発展にふさわしい唯一の選択肢だ」と述べた。(c)AFP

    https://www.afpbb.com/articles/-/3263180
    2020年1月12日 16:12

    関連
    【祝!】台湾の総統選 現職・蔡英文総統が勝利宣言 再選果たす 対抗馬野党・国民党・韓国瑜氏を260万票以上、上回る[1/11]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1578762346/

    ★1が立った日時 2020/01/12(日) 17:00:21.59
    ※前スレ

    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1578830314/
    おいこら回避★♢♧♡♤



    引用:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1578840452/


    【【台湾総統選】圧勝の蔡氏を中国国営メディアが批判「汚い小細工」「まぐれ」】の続きを読む

    このページのトップヘ