あーっ!こりゃKOREA

韓国のニュースを中心に送るまとめサイトです。 日本のこともたまに掲載します。

    ライダイハン



    韓国政府「韓国は被害者。加害事実は調べない


    狂っている1




    浮気・不倫調査はUG探偵事務所




    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2020/04/24(金) 18:21:10.99 ID:CAP_USER

    https://i.imgur.com/kY1sW5n.jpg

    2020年4月23日、韓国・聯合ニュースは、韓国政府を相手取り国家賠償訴訟を起こしたベトナム人被害者の思いを報じた。

    記事は、ベトナム戦争時に韓国軍によって家族が虐殺されたとして、21日に韓国政府を相手に初めて国家賠償訴訟を起こしたベトナム人女性、グエン・ティ・タンさんへの電話インタビューの様子を伝えている。今回の訴訟は、民主社会のための弁護士会(民弁)の「ベトナム戦争民間人虐殺真相究明のためのTF」がタンさんに代わって起こしたものだ。

    タンさんは8歳だった1968年2月12日、ベトナム中部クアンナム省ディエンバンのある村で、韓国軍の撃った銃弾により母親と兄と妹を失ったと主張している。これにより村人74人が命を落とし、自身を含む数十人が負傷したという。

    記事は「韓国政府は韓国軍の民間人虐殺を認めておらず、ベトナム政府も韓国側に謝罪を要求していない。ただし、2018年に文在寅(ムン・ジェイン)大統領がベトナムを国賓訪問した際、ベトナム戦争時の韓国軍参戦と民間人虐殺などの問題について遺憾の意を表したことがある」と伝えている。

    インタビューでタンさんは、訴訟を起こした理由について「家族を含め、韓国軍が殺した罪のない人々の名誉を取り戻すため」と明らかにした。今になって訴訟を起こしたことについては「家族を失い、村中の人が虐殺された場面が忘れられない」と説明。また「韓国政府と韓国軍が虐殺事件を認めて謝罪すればいい。韓国政府が賠償するなら受け取るが、金銭的な賠償は要求しない」と話したという。

    この記事は韓国のネット上で注目を浴びており、ネットユーザーからは多数のコメントが寄せられている。「米国が起こした戦争。人道的には申し訳ないけど、韓国が責任を取れって言われても困る」「韓国はあくまでも参戦国。これは米国に訴訟して」「もし韓国が認めたら、次は米国にも訴訟起こすの?」など「お門違い」との指摘が目立ち、「真相調査をしたいと伝えてもベトナム政府が拒否するよね?真相調査してからの謝罪と賠償が筋」「真相調査しようよ!ベトナム政府がストッパーになってるから、まずは政府を何とかしなよ」「ベトナム政府が戦勝国だから謝罪も受けないと言ってる」と問題の背景にベトナム政府がからんでいると主張するユーザーも多い。

    また「ベトナムが認めてないのに、なんで韓国の弁護士が出てきて扇動するの?本当に韓国人?」と担当弁護士を非難する声も。
    一方で「当時韓国は力もお金もない国だった。だから米国の言いなりだった。恥ずかしく情けない時期のこと。どうか許してください。そして怒りを鎮めてください」との声も見られた。(翻訳・編集/松村)

    https://www.recordchina.co.jp/b800131-s0-c30-d0127.html
    Record China 2020年4月24日 17:40



    引用:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1587720070/


    【「韓国政府が虐殺事件を認めて謝罪を」ベトナム人女性の訴えに韓国ネットは「お門違い」】の続きを読む






    それがコリアンだからな()!


    事実だろ3



    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/11/25(月) 10:11:30.54 ID:CAP_USER

    23日午後、ソウル中区のファイナンシャルセンター前の歩道。ベトナム式の笠を指す「ノンラー」60個が並んで置かれた。
    ノンラーにはバン・ティ・ノン、レェ・ティ・ソ、グエン・ティ・フィ、グエン・クイ、カオ・ティ・サック、バン・スエンなどの名前が記されている。

    彼らは皆1968年にベトナムのハミ村で韓国軍によって虐殺された民間人だ。

    「広場の空間を被害者に渡したいと思います。一度もこの場に立つ機会がなかった人々、私たちが忘れていた人々、
    大韓民国が忘れた人々の時間が、この場で私たちと共にすることを願います」。

    ベトナム戦争での韓国軍民間人虐殺問題を広める団体「蓮の花の下」のシン・ミンジュ代表がこう述べると、
    40人あまりの参加者は、ようやく広場に立ったノンラーの上の名前に向けて黙祷した。

    「蓮の花の下」と韓ベ平和財団など16団体が開いた「ベトナム民間人虐殺、いま、国家の責任を問う」文化祭の一場面だ。

    彼らはこの場で、ベトナムでの民間人虐殺に対する国家の責任を問う初めての集会を開き、韓国政府のベトナム民間人虐殺被害者に対する謝罪と賠償
    ▽韓国政府のベトナム民間人虐殺問題に対する真相究明の施行▽ベトナムのフォンニィ・フォンニャット村民間人虐殺に対する国家情報院の調査文書公開
    ▽すべての一般教科書にベトナム民間人虐殺問題を追加記載などの措置を求めた。

    市民たちは「私たちは真実を求める」「民間人虐殺、国家が責任を取れ」「国情院は情報公開を迅速に施行せよ」などスローガンを叫んだ。

    「蓮の花の下」などの説明を総合すると、1964年から始まった韓国軍のベトナム派兵は、クアンナム省とクアンガイ省、
    ビンディン省とフーイエン省、カインホア省などの村で、9千人を超えるベトナム民間人虐殺被害者を作った。

    この問題は1999年、『ハンギョレ21』を通じて韓国社会で公論化され、その後始まった「ごめんなさいベトナム」運動が20周年を迎えた。

    当時、『ハンギョレ21』の記者として記事を作成したコ・ギョンテ22世紀メディア代表は「ベトナム戦争での民間人虐殺に対する態度を見ると、
    韓国は『慰安婦』問題を否定する日本を非難する立場ではないかもしれない。韓国政府が日本政府のようにならないようにしてほしい」と語った。

    ベトナム戦争での民間人虐殺事件が初めて国内に知られた1999年に生まれたキム・ナム「蓮の花の下」運営委員は
    「1999年に生まれ20歳の青年になったが、いまだに政府は証拠資料がないということを盾に民間人虐殺の言及を避けている。

    歴代大統領も『遺憾だ』『悲劇的だ』という言葉から前に進めていない」と指摘した。

    参加者たちは口を揃えて政府の積極的な真相究明を要求した。チュン・ジュホ君(12)は
    「友達とベトナム民間人虐殺について討論しながら、僕たちと同じ年頃の子らが虐殺されたのを見て、本当に悲しかった」とし、
    「政府は被害者遺族たちに謝罪すべきで、真実をまず明らかにする努力をしなければならないと思う」と話した。

    イ・ヘジョンさん(35)は「政府の透明な認定が必要だ。韓国人ほど戦争の弊害と実情をよく知る人がいるだろうか。
    日本に要求するのとは違ってベトナムに対しては何の反省もしないのは、自分の都合のいい言い訳」と述べた。
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/35062.html



    引用:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1574644290/


    【「日本に要求するように反省しないなら自己都合の言い訳」・・・韓国軍のベトナム民間人9千人超虐殺の国家責任を問う初の集会】の続きを読む









    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/08/09(金) 18:02:29.01 ID:CAP_USER

    これまで、歴史問題で日本を攻撃し、世界にそれを拡散し続けてきた韓国が、“ブーメラン”に襲われようとしている。いわゆる「ライダイハン問題」だ。

     ライダイハンとは、ベトナム戦争中に派兵された韓国軍兵士がベトナム人女性に生ませた子供のことで、最大3万人とも推計されている(韓国『釜山日報』)。なかには強姦によるものも多く含まれており、韓国軍による「戦争犯罪」として一部では問題視されてきたが、韓国政府が黙殺してきたこともあり、広まることはなかった。

     だが、この問題にも徐々に世界の目が向けられ始めている。フランスのアジア諸国分析サイト「アジアリスト」に、ミッテラン大統領時代の在キューバ・フランス大使、ジャン・レビー氏がライダイハン問題を論じている(2018年12月18日掲載)。

    〈ライダイハン問題は、韓国ではあまり重要視されていない。韓国政府はそれを認めることを拒否しているが、その歴史の責任を取るのは韓国である。韓国はベトナム政府と生き残るライダイハンとともにこの問題を協議しなくてはならない〉

     イギリスでは今年6月に、市民団体「ジャスティス・フォー・ライダイハン」によって、ロンドンにライダイハン問題を告発する銅像が建てられ、除幕式が行なわれた。世界中に慰安婦像や徴用工像を建てまくろうとしている韓国にとっては痛烈な皮肉である。

     この6月にはライダイハンらが、国連人権調査委員会の調査と韓国軍兵士のDNA鑑定などを要求する公開書簡を駐英韓国大使館を通じて提出したという。

     まるで第二の慰安婦問題だが、日本政府が謝罪や補償を繰り返してきたのと違い、韓国政府は一切対応していないのが大きな違いである。

    ※週刊ポスト2019年8月16・23日号

    https://www.news-postseven.com/archives/20190809_1426587.html
    NEWSポストセブン 2019.08.09 16:00  週刊ポスト

    関連
    【動画】韓国軍の蛮行伝えるライダイハン像、英国で公開[7/5]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1562351472/



    引用:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1565341349/


    【ライダイハン問題 世界が注目するも韓国政府は一切対応せず】の続きを読む

    このページのトップヘ