あーっ!こりゃKOREA

韓国のニュースを中心に送るまとめサイトです。 日本のこともたまに掲載します。

    反日



    じゃなくて「反日ありき」だろ()!


    成長していない2







    1: Felis silvestris catus ★ 2020/09/29(火) 21:26:39.80 ID:CAP_USER9

    https://www.asahi.com/articles/DA3S14639024.html
      

     2822日という連続在職の記録を残して、首相が交代しました。辞任の表明から1カ月、国会のまわりでは、連日めまぐるしい動きがありました。でも、後継選びのニュース以上に気になることが私にはありました。

     安倍政権を振り返る多くの記事を朝日新聞は載せました。「1強」といわれた時代を読み解きつつ、経済や外交、教育、コロナ対策を検証し、残された課題を伝えました。

     その報道に対する読者のみなさんのご意見は大きくわかれました。

     「森友・加計や公文書の改ざん問題は解決していない。首相が辞めても追及を続けて」という報道への期待。その一方で、「政権に厳しすぎる」という声も、今回は少なからず届きました。「おごり、緩み、国会軽視といったキーワードが並んでいる。負の遺産をあげつらっている印象」「安定政権のよい面もあったはず」という指摘です。

     新聞社には日ごろから、記事に賛同する声も反対意見も届きます。あらゆる人に好感をもたれる記事というのは、めったにありません。とはいえ、憲政史上最長の政権が幕をおろした節目の報道で、みなさんの受けとめ方がこれほどわかれた理由はどこにあったのか。

     パブリックエディターは、読者と新聞の橋渡し役です。心に引っかかったこの問いに向き合わないわけにはいきません。

         *

     報道にあたる編集局の担当者と、さっそく話し合いました。最前線で取材をする政治部も加わりました。

     話題になったのが、朝日新聞が実施した今月の世論調査です。「安倍首相の7年8カ月の実績をどの程度評価しますか」という問いに、71%の人が「大いに」または「ある程度」評価すると答えました。

     「そんなに高いの?」と問い返す声を、社内で何度か聞きました。

     編集局との意見交換に加わったパブリックエディターは私のほかに3人。うち1人は「71%の衝撃。朝日新聞と国民世論のずれ」と驚きを隠しませんでした。

     「安倍政権はよかった」と7割の人が感じている時に、「問題や課題が浮き彫りになった」という検証記事の指摘は届きにくかったということかもしれません。

     朝日新聞は「批判ありきの新聞」と評されることがあります。そんな意図はもちろんなく、報道機関として必要な指摘をしているとの立場を説明してきました。でも、政権を支持する声と批判する人たちの意見、そのどちらにもきっちりとアンテナを張っていたか。両者のものの見方を十分に咀嚼(そしゃく)できていたか。虚心坦懐(たんかい)に振り返る必要があります。

     伝えることが難しい時代、といわれます。社会の分断が拍車をかけています。異なる意見をもつ人たちが互いに聞く耳を持たず、それぞれの世界に閉じこもっている。その間をつなぐ橋がかからず、現場でもがく記者たちの思いを、政治部の坂尻顕吾部長が明かしてくれました。

     「一生懸命に記事を書いても、社会の一方にいる人たちだけに語りかけている気がしてくる。それを繰り返しても、多くの人には伝わらない。もどかしい」

     時代のせいだけではないでしょう。政局が動いて、忙しくなるにつれ、記者は余裕をなくして、取材対象ばかりを追いかけてはいないか。問題意識が先行するあまり、「どうせいつもの論調だろう」と読み飛ばされてしまうような記事が、いまも残っているのではないか。現場でも反省はある、といいます。

     政治部ではいま、「だれに向かって記事を書くのか。読む人の目線まで意識をするように」と記者に伝えているそうです。

     紙の新聞に加え、デジタル空間にも記事を流す時代です。ニュースの背景を記者が語り、その音声番組をインターネットで届ける。膨大な過去の取材メモをひっくり返し、取材者しか知らない裏話やエピソードを長文のデジタル記事に盛り込んでみる。新聞になじみの薄かった若い世代にも興味をもってもらうことで、新聞の世界が広がっていくのかどうか。現場の模索が続いています。

         *


    (略)



    引用:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1601382399/


    【朝日新聞は「批判ありきの新聞」と評されることがあります。そんな意図はもちろんなく、報道機関として必要な指摘を…】の続きを読む



    国歌とは言わないんだな。やはり共産党か?


    雄山7








    1: ばーど ★ 2020/09/28(月) 07:30:28.61 ID:CAP_USER9

    次期衆院選での野党共闘をめぐり、共産党が立憲民主党に急接近している。16日の首相指名選挙では、立民の枝野幸男代表に投票した。他党候補への投票は22年ぶりで、次期衆院選での選挙協力もちらつかせ野党連合政権に向けた合意まで迫っている。枝野氏は前向きな姿勢を見せるが、支持団体の連合は共産との連立に反対しており、どっちつかずの対応は今後の火種になる恐れもある。

     「自公政権を倒した後、どうするか。その覚悟を野党連合政権という形で示すことが、選挙戦で野党が勝っていく一番の力になる」

     共産の志位和夫委員長は24日の記者会見でこう述べ、野党連合政権の合意にこだわる考えを強調した。立民との共闘は、連合政権への合意と政権公約、選挙協力の「3点セット」で進める考えを重ねて示し、「連合政権を作るところまで合意した場合は、選挙区での協力も最大限できる」とも述べ、決断を迫った。

     共産は昨年の参院選などで立民と選挙協力を積み重ねてきたが、立民が旧国民民主党などと合流して政権交代を狙う「大きな固まり」となったことを踏まえ、共闘の深化を図ろうとしている。「閣内協力か閣外協力かは相手が判断する」(小池晃書記局長)というものの、政権入りへの野心は隠さない。

     一方、枝野氏は23日の会見で、「(共産とは)3年、5年、10年の間にやらなければならないことについて相当な共通点がある」と述べた。枝野氏は、志位氏が得意なピアノを念頭に「志位さんの伴奏で『君が代』を歌いたい」と周囲に語るなど、蜜月ぶりをアピールする。

     枝野氏は衆院選の各選挙区で、与野党一騎打ちの構図に持ち込みたい考えだ。合流で立民の衆院勢力は107議席となったが、立民関係者は共産との選挙区調整などが実現すれば「150議席も現実味を帯びる」とそろばんを弾く。

     共産との共闘は立民の弱点である組織力も補完する。合流で手に入れた旧国民の地方組織に、全国の市町村に広がる共産の組織力が加われば、議席の上積みも期待できる。

    以下ソース先で

    2020.9.27 17:44 産経
    https://www.sankei.com/politics/news/200927/plt2009270009-n1.html



    引用:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1601245828/


    【【立憲】枝野代表「志位さんの伴奏で『君が代』を歌いたい」】の続きを読む





    でもコイツ等はまた
    日本製品を使っているぞ(



    どっちだ?2




    1: 新種のホケモン ★ 2020/09/28(月) 21:49:10.87 ID:CAP_USER

    2020年9月22日、韓国のインターネット掲示板にこのほど「日本不買運動レジェンド」と題したスレッドが立ち、注目を浴びている。

    韓国では昨年7月の日本の対韓国輸出管理強化措置をきっかけに日本製品不買運動が全国的に広がった。その後も日韓の対立は深まる一方で、今年8月に行われたある調査ではいまだに75%の人が「現在も不買運動に加担している」と回答した。

    そうした中、スレッド主は日本製品不買運動の中で「最もインパクトのあったもの」を選んで紹介している。それは、昨年にソウル近郊の京畿道(キョンギド)水原(スウォン)市の市役所で設置が始まった日本製の筆記用具回収箱だ。掲載された写真には、一列に並んだ公務員が次々に使用していた日本製の筆記用具を回収箱に入れていく様子が写っている。回収された筆記用具は日本が輸出管理措置を撤回した後に社会福祉法人などに寄付されるのだという。

    これを見た他のネットユーザーからは「日本が韓国に謝罪するまで反日と不買運動は続ける」と意気込む声が上がっている。

    一方で「これこそ見せかけの不買運動」「不買運動は強制してはならない」「不買運動はシンボル性が重要なのに、なぜこれがレジェンドなのか」「心だけでも勝ったつもりになりたいの?」「これはやり過ぎ」「あきれてものも言えない」など否定的な声を寄せるユーザーも多いようだ。(翻訳・編集/松村)

    2020年09月28日 21時20分 Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b838336-s0-c60-d0127.html

    https://i.imgur.com/KF8dx4l.jpg



    引用:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1601297350/



    【これはやり過ぎ?韓国ネットが驚いた市役所の日本製不買運動 「日本が韓国に謝罪するまで反日と不買運動は続ける」】の続きを読む



    なんだ、根性ねーなぁ()!



    こっち見んな1










    1: Felis silvestris catus ★ 2020/09/17(木) 18:18:34.59 ID:CAP_USER9

    https://news.yahoo.co.jp/articles/663d54b21d7eba67542ea8e3510c81d03d608186
    不買運動のアピールで使われた横断幕を韓国で印刷できる機械も日本製

    日本製品不買と日本依存の間で

     最低賃金アップによる失業率の上昇、不動産バブルなど、文政権の失政は少なくない。日本によるホワイト国からの除外に対する報復として、日本製品不買運動などが展開されてきたが、その一方で、医療、印刷など、日本依存なしには立ち行かない分野も多いという。その実態を描写する。

    工場内で「MITSUBISHI」のロゴが確認できる

     韓国貿易協会のデータによると、2018年、韓国の日本からの輸入額は546億400万ドルで、19年は11・48%減の475億8100万ドルだった。

     19年7月から日本製品不買運動がはじまり、個人向け消費財が大幅に落ち込んだが、日本の韓国向け輸出は94%を資本財が占め、消費財は6%程度。

     不買運動は7月からはじまったので、影響を受ける輸出品は最大でも3%程度、実際の影響は0・2~0・8%程度とみられている。

     19年8月、日本政府は韓国を旧ホワイト国リストから除外して、グループAからグループBに変更した。

     グループAに輸出する対象品目は、いったん審査を通過すると最大3年に亘って輸出審査が免除される包括審査。

    グループBは輸出するたびに審査する個別審査が原則で、輸出自体は継続する。

     日本企業の韓国向け輸出は、サムスン、LG、現代などグローバル企業の素材や原料、部品が多くを占める。半導体を製造する機械も日本製だ。

     対象品目を輸入している韓国企業は、審査時間が長くなることを想定し、前倒しで発注して在庫を積み上げるなど、日本企業の受注はむしろ増えている。

     文在寅政権発足後、韓国を脱出して海外に生産拠点を移す例が増えている。

     サムスンがベトナムに生産の一部を移転すると、サムスンと取引が濃い企業もまたベトナムに移転した。
    建築作業員はマキタの電動工具を好んで使用する

    小森コーポレーションの機械も

     文在寅政権が最低賃金を高騰させて、労働時間週52時間制を導入し、サムスンとは関係ない企業も次々とベトナムをはじめ、東南アジアに移転した。

     日本の韓国向け輸出の大幅減は、不買より韓国向け輸出が東南アジア向けに変わった影響がはるかに大きい。

     日本依存が高いのはグローバル企業だけではない。

     医療は日本製機器が多い分野である。

     オリンパスは、今年6月24日、映像事業を分割して譲渡すると発表した。

     これに先立つ今年5月20日、翌月末で個人向けがメインのカメラの販売終了を発表した韓国オリンパスは、韓国医療機関の内視鏡で圧倒的なシェアを持っている。

     X線コンピューター断層撮影装置(CT)や磁気共鳴画像装置(MRI)など大型医療機器も多くの医療機関が日立、東芝、シスメックスなど日本製を使用している。

     小型の電子医療機器はオムロン製がほとんどだ。

     体に良くないものを好んで食し、原料が不明な焼酎をガブ飲みする韓国人の健康は、日本の医療機械に見守られている。

     文在寅政権は、不動産の高騰で支持率が低迷し、住宅供給を増やす必要に迫られているが、建築もまた日本企業が支えている。

     韓国の建築作業員はマキタの電動工具を好んで使用する。

     日頃から韓国製品を愛用し、韓国産の食材にこだわるなどナショナリズムに凝り固まっている作業員ですら、現場ではマキタを使用する。

     ある建築作業員は、マキタの電動工具は最高というより唯一の選択肢だと話している。

     韓国の大都市は集合住宅が主流だが、地方は戸建てのニーズが少なくない。戸建て住宅の材料である木材も多くを日本のプレカットに依存している。
    (略)



    引用:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1600334314/


    【「反日不買」にビクともせず…医療、印刷など韓国の離れられない「日本依存」】の続きを読む



    さすが異常な国・韓国だ()!


    頭がおかしい6








    1: Felis silvestris catus ★ 2020/09/16(水) 07:48:05.58 ID:CAP_USER9

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6974ca0d07694fe6d1a7cfeabcb409b42c2bacd3
    「いくら文在寅政権が反日とはいえ、今回の動きにはびっくりしました」

     こう驚きを超えて呆れるのは、韓国出身の評論家で拓殖大学教授の呉善花氏だ。

     呉氏は韓国の現政権の「偏向姿勢」に警鐘を鳴らし続けていることで知られるが、そんな彼女でもこの度の同国発のニュースは想像の域を超えていたようである。

    「これは、慰安婦問題などに加わる新しい強烈な反日カードになるかもしれません。それほど過激で野蛮な反日行為です」

     呉氏をしてこう言わしめる韓国の所業とは果たして何なのか、「怖いもの見たさ」ながら興味をそそられるところである。では早速、そのおどろおどろしい「恐怖の韓国」を覗いてみることにしよう。

     毎年、韓国が日本叩きで燃え上がる「反日月間」の8月がようやく終わった。しかし「反日有理」の同国では、いつ如何なる時も「日本狩り」の火が消えることはない。

     9月1日、100日間におよぶ韓国の通常国会が開会した。そしてこの秋の国会で、極めて「物騒」な法律の成立が危惧されているのだ。

     顕忠院親日派破墓法、略称、「破墓法」。

     同国の国立墓地(顕忠院)に埋葬されている歴代大統領ら功労者の墓を掘り返し、別の墓地に移し替えようというのである。なぜなら彼らは「親日派」だから……。

     墓を破る。そんな前近代的で野蛮な行為を現代の現実世界に甦らせようというのだから、冒頭に紹介したように呉氏が吃驚するのも当然だ。

     常に反日の火種が燻(くすぶ)っている韓国にあって、時代錯誤も甚しい破墓法に薪がくべられたのは8月15日のことだった。

    「顕忠院には親日軍人をはじめ反民族の人々69人が埋葬されている」

    「(春の総選挙での)当選議員の3分の2が破墓法に賛成している」

     朝鮮独立運動家の子孫らの団体である「光復会」の会長が、こう声を上げたのだ。さらには、

    「李承晩(イスンマン)も親日派と結託した」

     と、韓国の初代大統領までが破墓法の対象であると訴えて物議を醸したのである。なお韓国で火葬文化が広まるのは1990年代以降で、李元大統領らの時代は土葬文化だったそうだが、

    「文政権与党である『共に民主党』の議員たちが光復会会長と『共謀』して、今国会中にも破墓法の成立をと息巻いています」

     こう解説するのは、ある韓国ウォッチャーだ。

    「彼ら曰く、戦前に『親日的』だった人物が国立墓地に眠ったままでは、『親日残滓の清算』が終わったことにはならないし、他の霊も安らかに眠れないという理屈なのですが……」

     埋葬されている人物が親日だったか否かに拘(かか)わらず、如何なる人物の墓であろうとも掘り起こすことなど許されてはなるまい。少なくともそれが日本の、否、世界の常識である。「墓破り」、それが死者に鞭打ち、その御霊をいたぶる行為以外の何物でもないことは言うまでもなかろう。
    次ページは:李朝時代に先祖返り



    引用:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1600210085/


    【おどろおどろしい「恐怖の韓国」 「親日派の墓暴き」が法制化へ 国会議員の多数が賛意という恐ろしさ】の続きを読む

    このページのトップヘ