あーっ!こりゃKOREA

韓国のニュースを中心に送るまとめサイトです。 日本のこともたまに掲載します。

    おかしな文化人







    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/10/13(日) 23:10:11.40 ID:CAP_USER

    ※有料会員限定記事(なる必要も無し)

    韓国に対する反感や批判が目につく、昨今の日本の「空気」。その底流には何があるのか。保守やナショナリズム、愛国心などを考察してきた中島岳志さんに聞いた。

     ――韓国への否定的言論の広がりをどうみますか。

     「1980年代に日韓それぞれで起こった三つの要因を源流とする、新しいタイプの現象と見ています」

     ――三つの要因ですか。

     「一つは、20代から30代で戦争を体験し、戦時体制を毛嫌いしていた戦中派保守の言論人が論壇の一線から退いたことです。二つめは82年に中曽根康弘氏が首相に就き、首相の靖国神社公式参拝、閣僚の日韓併合をめぐる失言、歴史教科書問題などで日本政府の歴史認識が政治問題化しました」

     ――日本の変化ですね。

     「三つめは87年以降の韓国の…


    朝日新聞デジタル こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

    残り:1784文字/全文:2120文字

    https://www.asahi.com/articles/ASMB953XQMB9UPQJ00Q.html
    朝日新聞デジタル 聞き手・稲垣直人 2019年10月13日20時00分



    引用:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1570975811/


    【【朝日新聞】保守政治家こそ韓国の言い分聞き、打開策を 中島岳志氏】の続きを読む






    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/10/11(金) 21:35:02.89 ID:CAP_USER

    「ふざけるなと言いたい」。国民民主党の前原誠司元外相(衆院京都2区)が11日、衆院予算委で質問に立ち、強い口調を交えながら憲法改正や外交・安全保障に関する安倍晋三首相の姿勢を追及した。

     憲法改正議論の推進を唱える前原氏は、首相の目指す方向性が就任当初は96条改正だったのに、現在は9条への自衛隊明記を含む党改憲案4項目などへ変わっていると指摘。「政治生命をかけてというよりは、憲法改正という外形的なことをやりたいのではないか」と迫った。

     外交面ではロシアとの北方領土交渉や北朝鮮による拉致問題が進展していないと述べ、「外交の安倍と言いながら何の成果を上げたのか」と批判。米国のトランプ大統領が6月に開かれた20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)の記者会見で日米安保の不公平さに言及した点については、事実関係を3度ただした。「具体的なやりとりの公表は避けたい」とかわす首相に対し、「不公平と言ったかどうかも、イエスかノーかすらも答えられない。総理の答弁としては不誠実だ」と断じた。

    https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/33624
    京都新聞 2019年10月11日 19:42

    https://i.imgur.com/T1MBmpM.jpg
    前原誠司氏



    引用:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1570797302/


    【前原誠司元外相(衆院京都2区)「ふざけるなといいたい」 安倍首相の憲法改正や外交・安保への姿勢を追及】の続きを読む







    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/10/12(土) 10:48:00.50 ID:CAP_USER

    |日本の有名小説家が嫌韓を煽り立てるメディアに提言
    |強制徴用被害者、イ・チュンシクさんのインタビューを読むと「悲惨だ」

    (写真)
    http://image.newsis.com/2019/10/11/NISI20191011_0000410392_web.jpg
    ▲ 芥川賞を受賞した日本の有名小説家、平野啓一郎。
    ____________________________________________________________

    芥川賞を受賞して有名な日本の小説家、平野啓一郎氏が、日本で嫌韓を煽り立てる人々に、「まず韓国大法院(最高裁)の強制徴用の判決文から読みなさい」と批判した。

    平野氏は11日付の朝日新聞とのインタビューで、日本で『嫌韓』を煽り立てるワイドショーや週刊誌に対し、「私は韓国人の友人が多く、韓国には読者もいる。腹が立つと同時にすごく傷ついた」と述べた。

    同時に、「メディアは韓国の問題について無責任に反感を煽り立て、嫌悪感や敵意を垂れ流している」とし、「強制徴用問題に対する韓国大法院の判決文を読まないような出演者にコメントさせてはいけない」と指摘した。

    続けて、「みんな先に、あの判決文を読まなければならない。日本語翻訳で40ページ。(強制徴用労働者は)技術習得のために申請したら危険も高い労働環境に置かれ、賃金を支給されなかった。逃げたいと言ったら殴られた。悲惨だ」と強調した。

    特に彼は、強制徴用被害者であるイ・チュンシクさんのインタビューを読んだとし、「今の技能実習生の問題と生々しく重なった。労働者は大切にされるべきという価値観があれば、判決文を読んでショックを受けざるを得ない」と指摘した。

    日本は1993年から、人材不足解決のために発展途上国出身の外国人を対象に、技能実習生制度を運営している。外国人労働者が技術研修を経ると最大で5年間、日本での滞在を許可する制度だ。しかし外国人に対する日本企業の苛酷な処遇など、議論は多い。今年の3月にはある建設会社が技能実習と偽り、放射能汚染の除去にベトナム人を動員して物議を醸した。

    平野氏は、「急に国家利益の代弁者になって考えるのではなく、まず一人の人間として彼ら(強制徴用被害者)の事情を考えることが重要である」と述べた。

    同時に、「小説は韓国人とか日本人、男と女というカテゴリーを主人公にすることができない。徴用工というカテゴリーを見ずに一人の個人に注目すれば、我々は多くの共感が得られる」と説明した。彼は最近日本で韓日関係が悪化していても韓国文学が人気を集ることについて、「私と世代が似ているキム・ヨンス、ウン・ヒキョンなど、現代小説は日本の読者が同じ立場で共感できる人物が纎細に描かれている。現代を生きている人々とと多くの問題を共感することができる」と説明した。 続けて、「韓国人は民族的にこのような粗雑な話はできない」と付け加えた。

    平野氏は韓国人と日本人がどうすれば共感を分かち合えるのかという質問に対し、「属性によって人を判断せず、一人、一人の人間として見なければならない」と提言した。

    続けて、「一人の人間の中にも複雑な属性が複雑に共存している。ノーベル経済学賞を受賞したアマルティア・センは著書の『アイデンティティと暴力』で、個人のアイデンティティを一つに特定することが最も良くないと述べた。対立を煽り立てる人々は、あの人は韓国人だとかイスラム教徒だとか、カテゴリーに分ける。複雑であることをお互いに認め、どこかの接点で関係を築くことが重要である。カテゴリーを除き、相手の人生を見れば共感できる点が複数あるだろう」と述べた。

    平野作家は1975年生まれで、去る1999年に小説『日蝕』で芥川賞を受賞した。代表作は決壊、マチネの終りになどがある。彼の小説20数作は、韓国でも翻訳されて出版された。韓中日の作家が集まる『東アジア文学フォーラム』で、日本代表を歴任している。

    ソース:ソウル=NEWSIS(韓国語)
    http://www.newsis.com/view/?id=NISX20191011_0000796019

    (まえ)
    【NEWSIS】日本の芥川賞作家が嫌韓メディアに提言、「韓国大法院の強制徴用の判決文を読もう」[10/12]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1570838766/
    ★1投稿日:2019/10/12(土) 09:06:06ごろ
    ____________________________________________________________

    oikora!



    引用:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1570844880/

    【日本の芥川賞作家が嫌韓メディアに提言、「韓国大法院の強制徴用の判決文を読もう」】の続きを読む







    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/10/12(土) 01:25:13.01 ID:CAP_USER

    韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が、20カ国(G20)国会議長会議に出席するため11月4日に日本を訪れる。韓国の朝鮮日報が情報源を明示せずに伝えたもので、文氏の訪日は国会議長就任後では初めてとなる。

    文議長は2月のブルームバーグ・ニュースとのインタビューで、従軍慰安婦問題が日本の天皇による元慰安婦への謝罪の一言で解決すると発言し、日本側の反発を招いた。6月には鳩山由紀夫元首相に対し、自身の発言で「心が傷ついた人々」に謝罪すると述べたと、聯合ニュースは伝えている。

      朝鮮日報によると、今月行われる「即位礼正殿の儀」に韓国政府代表として李洛淵首相が参列する。また文在寅大統領は、日本の駐韓大使を含む韓国駐在の各国大使を懇談会に招く予定という。

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-10-11/PZ6P65DWX2PW01
    ブルームバーグ 2019年10月11日 10:18 JST

    https://i.imgur.com/ujGQ7CA.jpg
    文喜相(ムン・ヒサン)国会議長 Source: Spokesperson Office For National Assembly

    関連
    【ヒサン】 文喜相氏、来月訪日…韓日関係改善に向け道探る? [10/11]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1570749806/

    【文喜相国会議長】就任後初の訪日へ、文大統領は18日ごろ駐韓外交団全体懇談会[10/11]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1570754465/



    引用:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1570811113/


    【韓国国会議長が11月4日に訪日「天皇謝罪」要求で物議-朝鮮日報 自身の発言で「心が傷ついた人々」に謝罪する】の続きを読む






    1: シャチ ★ 2019/10/10(木) 11:10:03.97 ID:CAP_USER

    22日に東京で行われる天皇の即位式に李洛淵(イ・ナクヨン)首相が参列する方向で調整されているという。安倍晋三首相と李首相の短時間の会談も検討されていると日本メディアは伝える。即位式は約30年ぶりの日本の国家的慶事で、1990年の天皇即位式には姜英勲(カン・ヨンフン)首相(当時)が参列した。

    韓日関係が1965年の国交正常化以降、最悪という指摘が相次ぐ中、李首相の即位式参列は様々な点で意味がある。隣国の慶事を祝う美徳を示し、新天皇の誕生を喜ぶ日本国民の心をつかむことができる良い機会だ。

    「日本通」の李首相は、天皇、安倍氏と面識がある。李首相は昨年3月に出席したブラジル「世界水フォーラム」で、皇太子時代の天皇に会って歓談した。その時、皇太子は、「歴史を勉強する者として過去を反省し、今後良い関係が築かれることを願う」と話した。安倍氏とは2005年、国会議員と官房副長官として会い、ソウルで共に焼酎を飲んだことがある。李首相は17年9月、朝日新聞とのインタビューで、当時、天皇の訪韓を提案したことがある。今回、生前譲位を終えた上皇を招待することも検討してみる必要がある。

    韓日間には今後も地雷が待っている。7月の日本の輸出規制強化で始まった経済対立は、8日で100日を過ぎた。韓国の素材・部品・装備産業の競争力強化を大きな方向で捉えて対処しているが、長期化する場合、国際分業関係と部品供給網に悪影響を及ぼし、韓日の経済いずれも大きな被害を受けなければならない。このまま来月22日の韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了日を迎え、元徴用工賠償関連の日本企業の資産現金化措置が迫る場合、両国関係は後戻りできないどん底に陥ることになる。

    最近、両国指導者の間で解決策を模索する動きが相次いだのも、そのような最悪の状況を阻止しなければならないという認識の発露だろう。李首相は最近、「日本が経済報復措置を撤回すれば、GSOMIA終了決定を再検討する用意がある」と明らかにした。日本の代表的知韓派である二階俊博自民党幹事長は円満な外交に向けて「まず日本が手を差しのべなければならない」という考えを明らかにした。安倍氏は、4日の国会所信表明演説に続き、8日の国会質疑でも韓国について「最も重要な隣国」と述べた。この表現は、昨年5月の外交青書で、韓国・日本関係の悪化を反映して削除されたが、これを首相が国会で発言したのだ。

    外交も結局は人と人の出会いと意思疎通、理解を通じて一歩ずつ進展していく。両国政府が天皇の即位式と李首相訪日を関係修復の突破口にしなければならない。

    ソース 東亜日報
    http://www.donga.com/jp/home/article/all/20191010/1870482/1/%E5%A4%A9%E7%9A%E5%8D%B3%E4%BD%8D%E5%BC%8F%E3%AB%E5%8F%E5%97%E3%99%E3%8B%E5%AE%E5%8D%E3%BB%E6%9D%8E%E6%B4%9B%E4%B8%A1%E6%B0%8F%E3%AF%E3%81%E9%A2%E4%BF%E4%BF%AE%E5%BE%A9%E3%B8%E3%AE%E4%B8%E6%AD%A9%E3%92%E8%B8%8F%E3%BF%E5%BA%E3%99%E3%B9%E3%8D%E3%A0



    引用:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1570673403/

    【李首相の天皇即位式参列、日本国民の心をつかむことができる良い機会だ】の続きを読む

    このページのトップヘ