あーっ!こりゃKOREA

韓国のニュースを中心に送るまとめサイトです。 日本のこともたまに掲載します。

    アメリカ




    比較しているのは韓国だけだ(笑)!


    不用品回収業者の比較するなら!【エコノバ】


    一緒だろ2



    1: 昆虫図鑑 ★ 2021/03/16(火) 08:07:52.20 ID:CAP_USER

    ジョー・バイデン米国政府が発足から2カ月を迎えて日米同盟が浮かび上がっている。米国がコーナーストーン(cornerstone・礎)と比喩した日本との関係で、外交と安全保障の両面で密着している。反面、米国のリンチピン(linchpin・核心軸)の韓米同盟は、日米に比べて共助の濃度で相対的に薄いという観測が出ている。

    ◆日米新蜜月2.0

    バイデン政府に入り、日米密着は他のどの同盟国とも比較できないほど素早く全方向的だ。すでに日米首脳は2カ月間で2度接触した。バイデン大統領は就任8日後の1月28日に菅義偉首相と30分間電話会談を行い、12日には日米豪印戦略対話(QUAD=クアッド)首脳会議でビデオ会議形式で顔を合わせた。

    トニー・ブリンケン国務長官と茂木敏充外相も2度の電話会談と1度のクアッド外相会議を行い、すでに挨拶段階は過ぎた状態だ。ブリンケン長官とロイド・オースティン国防長官の訪日で予定された外相会談と外交・国防2プラス2会談まで勘案すれば、日米外相はバイデン政府発足2カ月間で5回にわたって懸案を協議することになる。

    日米密着をめぐり、過去バラク・オバマ元大統領が安倍晋三元首相と構築した「日米新蜜月関係」が一層進化した形という評価まで出ている。オバマ政府当時、日米首脳は防衛協力指針(ガイドライン)を改正し、安倍首相は2015年4月に日本首相では初めて米国上・下院合同議会で英語で演説した。

    日米新蜜月2.0の本格的な開始は早ければ来月9日ごろと予想されるホワイトハウスでの日米首脳会談だ。会談が実現すれば日本はバイデン政府発足後初めての首脳会談相手国になる。日米同盟の結びつきの強さを対外的にアピールするものになるだろうとの分析がある。

    ◆新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)にも実動訓練の日米

    軍事分野でも日米密着は際立っている。韓米は2019年から大規模な実動合同訓練を中断した状態だ。反面、日米は昨年10月に隔年制の大規模な実動訓練「Keen Sword(鋭い刃)」を実施するなど、休むことなく訓練を続けている。沖縄周辺海域などで行われたこの訓練は、米海軍空母戦団(ロナルド・レーガン)と米軍兵力9000人、自衛隊3万7000人が参加する大規模な合同訓練だった。

    (略)

    ◆防衛費分担金引き上げ韓国13.9%、日本1.2%

    韓国も韓米同盟強化に出ている。韓米防衛費分担金特別協定(SMA)を妥結したのがその信号弾だ。ただし、妥結した交渉の具体的な内容で、韓日間の偏差が現れている。

    今回の韓米SMAの核心は2021年韓国側防衛費分担金を既存比13.9%引き上げと、その後2025年まで国防費上昇率(年平均6.1%)を適用し、毎年分担金が引き上げられるという点だ。反面、日本は2021年は昨年比約1.2%増の2017億円の防衛費分担金協定を米国と締結した。もちろん日本は6年の多年契約を結んだ韓国と違い1年延長契約だったが、13.9%と1.2%という数字が同盟間の結束力を示しているのではないかという観測もある。

    韓米首脳間の対話を含めた高官協議も日本に比べて接触面が貧弱だ。バイデン政府発足以降、2カ月間で行われた韓米首脳の公式接触は先月4日の電話首脳会談が唯一だ。ブリンケン長官との接触も1・2月にそれぞれ康京和(カン・ギョンファ)前外交部長官、鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官との電話会談がすべてだった。過去2カ月間の日米接触とは比べられる。

    ◆「通話外交」止まりの韓国、「北核」発言権弱まるか

    歴代米高官要人の北東アジア訪問はほとんど韓国に先立ち日本を訪問することで日程が始まった。ただし今回のブリンケン・オースティン長官の場合、北核問題でも、韓米協議に先立ち日米協議を先に進めようということで共感があったと外交消息筋は伝えた。バイデン政府が北核解決法を用意する過程で日本の見解を先に反映してから韓国との協議に臨む可能性があるという意味だ。

    この場合、韓国は北核問題の当事国ながらも受動的な位置に押される場合がある。

    今月12日のクアッド首脳会議ではこのような懸念が現実化した。韓国が議論テーブルに参加しなかった状況で米国・日本・オーストラリア・インドなど4カ国が北核問題を議論した後、「北朝鮮の完全な非核化に専念することを再確認した」という共同声明を発表した。これは韓国が除外された状態で、日米主導で韓半島(朝鮮半島)の最大懸案である北核問題に関連した方向性を確立したという意味にも解釈することができる。


    https://japanese.joins.com/JArticle/276570



    引用:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1615849672/


    【バイデン-菅はすでに2度接触…韓米とあまりにも比較される日米密着】の続きを読む




    韓国みたいな小物はどうでもいいわ()!


    不用品回収業者の比較するなら!【エコノバ】


    何言ってんの4



    1: 荒波φ ★ 2021/03/11(木) 10:05:27.72 ID:CAP_USER

    米国、日本、インド、オーストラリアの4カ国協議体である「クアッド(QUAD)」が12日(現地時間)、初のテレビ首脳会議を開くことを米ホワイトハウスが公式に確認した。

    中国の軍事・経済的浮上を牽制する協議体の性格を持つクアッドの首脳らが会議を行うのは今回が初めて。バイデン政権の中国包囲の動きが可視化している。

    ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は9日、定例会見で「ジョー・バイデン大統領は12日午前、日本の菅義偉首相、インドのナレンドラ・モディ首相、オーストラリアのスコット・モリソン首相らクアッドのカウンターパートとテレビ会議で会う」と明らかにした。

    サキ報道官は「バイデン大統領がクアッドを早期に開催する多国間会議の一つとして設けたという事実は、米国がインド太平洋で同盟、パートナーとの緊密な協力に置いている重要性を示している」と述べた。

    サキ報道官はクアッド首脳会議で議論するテーマに「新型コロナウイルスの脅威、経済協力、気候危機」を挙げた。

    インド外務省は声明を出し「4カ国の首脳が地域およびグローバル懸案に対する共通の関心事について議論し、自由で開放的で包括的なインド太平洋地域を維持するための実質的な協力策について意見を交換する」と明らかにした。

    インド外交部はまた、サプライチェーンや重要技術、海上安保、気候変動などの問題も扱われるだろうと付け加えた。

    ホワイトハウスとインド外務省は、中国には直接言及しなかったが、クアッド首脳会議の焦点は中国の影響力拡大の遮断に合わせられるものとみられる。

    バイデン政権は中国との関係を「深刻な戦略競争」(サキ報道官)「中国は21世紀最大の地政学的試験」(アントニー・ブリンケン国務長官)などと述べてきた。

    ロイター通信は、中国がインド太平洋および他の地域で徐々により断固とした外交政策アプローチを取ってきていることから、米国が主要な同盟とのつながりを強化することを望んでいると指摘した。

    クアッド首脳会議は特に、今月15~18日(韓国時間)に米国のブリンケン国務長官とロイド・オースティン国防長官が日本と韓国を順に訪問する日程に先立って開かれる。

    両長官の国外出張は今回が初めてで、バイデン政権が中国牽制と同盟強化にどれほど重きを置いているかを表している。

    このため、今回のクアッド首脳会議およびブリンケン、オースティン両長官の韓国・日本訪問を契機に、インド太平洋地域における韓国の役割に関する議論がどのように行われるか注目される。

    特に、クアッドに韓国などを含め、「クアッドプラス」へと拡大する案が具体化するかどうかに関心が集まっている。

    韓国が米国と中国の間で選択の圧迫に置かれる可能性があるという見方が出ている中、韓国政府は「クアッドプラス」はまだ具体化していない構想であるとし、慎重な態度を見せている。

    米政府もひとまず慎重な態度だ。ネッド・プライス米国務省報道官はこの日のブリーフィングで、韓国のクアッド参加に関する質問に対し「私は予測しているものはない」とし、「韓国は条約を結んだ重要かつ必須の同盟だ。われわれは北朝鮮の挑戦と自由で開放されたインド太平洋を含む多くの関心事を共有している」と述べた。

    2004年、インド洋地震による津波被害の復旧に共同対応するための臨時協議体として始まったクアッドはその後、海上合同訓練が加わり、安全保障対話の性格を帯びはじめた。

    クアッドは北米、欧州諸国がロシアに対抗して創設した軍事同盟機構である北大西洋条約機構(NATO)よりは緩い協議体だが、米国はドナルド・トランプ元大統領時代に続き、バイデン政権でもこれを事実上の「反中ブロック」として活用する意思を明らかにしてきた。

    クアッドに参加する4カ国は、トランプ大統領時代の2019年と昨年の2回にわたり外相会議を行ない、バイデン政権発足後の先月も外相会議を開いた。バイデン政権はトランプ政権の多くの政策を覆しているが、クアッドは継承し、発展させると公言している。


    2021-03-11 09:49
    http://japan.hani.co.kr/arti/international/39380.html



    引用:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1615424727/


    【米日印豪、12日に初のクアッド首脳会議 韓国の参加案が議論されるかにも関心】の続きを読む



    あっただけイイじゃないか()!

    不用品回収業者の比較するなら!【エコノバ】


    暇なのか?2


    1: 荒波φ ★ 2021/03/03(水) 09:52:24.63 ID:CAP_USER

    「米国務省で朝鮮半島課を訪ねた時、『あちらの隅にある事務室に行くように』と言われた」

    韓国与党“共に民主党”のイ・グァンジェ議員はきのう(2日)、記者たちに「議員外交の視野を拡げなければ」と決心したきっかけについて、先のように語った。

    コリン・パウエル米国務省長官当時(ジョージW・ブッシュ政権時)、米国務省を訪れたイ議員の目に入ったのは、みすぼらしい朝鮮半島課の事務室とは対照的に 国務省の所々に置かれていた「歌舞伎人形」であった。

    歌舞伎は日本の伝統芸能であるが、米国務省を訪れた日本政府の関係者が お土産として渡したものと予想できた。

    イ議員は「米国で、朝鮮半島問題を考えるチームの地位が低いということを実感した光景だった」とし「米国の人々、米国の与野党の政治家にとって、朝鮮半島の存在価値が高まるようにしなければならないと考えた」と語った。

    この日 イ議員が所属する与党のシンクタンク“民主主義4.0”は、ジョー・バイデン米政権発足後 初めて「米韓議員との対話」を開催した。この企画者はイ議員である。韓国側からは 与党議員30人あまりが参加し、米国側からは 朝鮮半島と米国の対北政策に精通した人物たちが参加した。

    イ議員は「米国は議会の強い国だ」とし「6月の米外交安保チームが完全に構成される前に討論会を開催し、互いへの理解を高めることができればと思った」として、今回の討論会開催の主旨を説明した。

    イ議員は今後も、日本・中国・ロシアなどの4強国家たちとの議員討論会を企画する予定である。朝鮮半島の平和のためには、米国だけでなく周辺国たちの協力と理解が重要だと考えているためである。イ議員は「日中ロの拍手の中で、朝鮮半島の平和・繁栄の道を築いていく」と強調した。


    2021/03/03 09:05配信 Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp
    https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/0303/10290096.html



    引用:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1614732744/


    【「米国務省の隅にあった“朝鮮半島課”にショック」…「議員外交の視野、拡げていく」】の続きを読む




    その通りだけど()!

    不用品回収業者の比較するなら!【エコノバ】


    知ってた2



    1: Felis silvestris catus ★ 2021/02/22(月) 20:21:06.34 ID:CAP_USER9

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0aa5cb782ce1a1a7773506c9f53515e035d24b63
    漂流する韓国、中朝に従属

    決意すれば、韓国は数カ月で核弾頭を製造可能――(写真は昨年行われた3000トン級潜水艦「安武」の進水式)

     保守が「米国への回帰」を唱えれば、左派は「中立」を訴える。バイデン(Joe Biden)政権の突き付けた踏み絵が韓国社会を二分した。韓国観察者の鈴置高史氏は「核武装中立」が落とし所と見る。

     ***

    鈴置:韓国の保守派が「米国側に戻ろう」と叫びます。バイデン政権が「次も反米政権を選ぶなら韓国を見捨てる」と脅したからです(「慰安婦問題を言い続けるなら見捨てるぞ 韓国を叱りつけたバイデン政権の真意は」参照)。

     朝鮮日報の楊相勲(ヤン・サンフン)主筆の「今、驚くべき話が出回っている」(2月18日、韓国語版)は、韓国が米国から見放された証拠を列挙しました。要約しつつ訳します。

    ・米国では今後、韓国は100%中国に付き、日本は100%米国に付くという見方が主流となった。米国の政府も民間も中国の台頭に深い警戒を共有する時に、北朝鮮と中国に行き過ぎた好意を示し、日本には行き過ぎた敵意を見せる文在寅政権が重なった結果だ。
    ・ヘーゲル元国防長官らが作成し、バイデン政権に提出した「核と安保」関連報告書は、米国が核の運用を豪州、日本、韓国と論議するアジア版核企画グループの創出を提案した。しかし、その直後に米国では「韓国を除け」との声が上がった。
    ・アインホン元国務省軍縮担当補佐官は「韓国は中国を意識し、参加しないだろう」とし、セイモア元ホワイトハウス調整官は「反対するであろう同盟国に対し、米国から先に提案する必要はない」と語った。
    ・ローレス元国防副次官は「韓国は結局、核を保有する北朝鮮に従属する可能性が高い。米国は日本に中距離核ミサイルを配備し中国と北朝鮮に対応せねばならない。この場合、米日はNATO式の核共有協定を結ぶことになる」と言っている。
    ・ランド研究所のべネット研究員は「北朝鮮が日本を攻撃する場合、米国の対北軍事作戦において韓国の立場を考慮する必要はない、との見解も米国で広まっている」と述べている。
    ・最近、米国でジョージ・ケナンの「ロング・テレグラム」に比肩すべき匿名の寄稿が登場した。ここでも「韓国が引き続き中国側に漂流している」との認識が示されている。同盟国とその敵国の間を綱渡りすれば、同盟は殻だけが残る。我々はその後をどこまで考えているのか。

     楊相勲主筆は米国で「韓国は中国側」との認識が定着したうえ、米政府は韓国抜きの戦略を立てるようになった、と警鐘を鳴らしたのです。
    次ページは:「共通の敵」が消滅した米韓


    (略)



    引用:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1613992866/


    【米国では「今後、韓国は100%中国に付き、日本は100%米国に付く」という見方が主流に】の続きを読む




    韓国は孤立していない
    日米が韓国から孤立しているだけだ()!


    不用品回収業者の比較するなら!【エコノバ】


    雄山4



    1: 動物園φ ★ 2021/02/22(月) 10:14:33.69 ID:CAP_USER

    ? 中央日報/中央日報日本語版2021.02.22 10:09

    ジョー・バイデン米国大統領が19日、ミュンヘン安全保障会議で「われわれのパートナーシップは共有された民主価値に根付いている」として「これは取り引きではない」と話した。同時に「われわれは中国との長期的競争のためにともに準備しなければならない」とした。就任1カ月でデビューした国際舞台で同盟国と多国間主義で中国に圧力をかけるという意味を明確にしたものだ。アントニー・ブリンケン米国務長官も日本・インド・オーストラリア外相と18日クアッド(Quad)会議を開いて「中国のいかなる現象変更の試みにも強力に反対する」ということで合意した。

    欧州とアジア・太平洋民主主義国家の「反中連合」が可視化し、国際情勢が揺れ動き始めた。しかし、韓国政府は中国と北朝鮮の顔色を伺いながら日本と衝突する一方、韓米同盟の管理はないがしろにした結果、新しいグローバル構図から一人ぼっちになる危機に処した。

    政府もこのような現実を認識し、あたふたと韓日関係の改善に出ているが、日本は消極的だ。徴用・慰安婦問題が自国の思い通りに解決されない限り、韓国と生半可に手を握ることはないという立場が強い。政府は念願の南北関係の改善に向けて米国との連携が切実な状況だが、バイデン行政府は韓日関係から先に改善してほしいとの立場なので困惑している。19日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で徴用・慰安婦問題に関連して「日本の真心のこめた謝罪にかかっている状況」と「韓日関係の正常化が大事だ」という微妙な立場の隔たりが相次ぎ浮き彫りとなったのは政府の困惑を端的に見せる。

    このような時こそ基本に立ち戻るべきだ。何より民主主義と人権を共有する「血盟」米国との関係強化を外交の総論とする必要がある。また、各論でバイデン行政府の北東アジア戦略の核心となる韓日米協力の再建に全力を注ぐべきだ。日本との関係改善が難しければ、米国と日本に3カ国外相会談を先制的に提案して突破口を見出す必要がある。日本と交渉することが心地悪い懸案も韓日米が一堂に会せば妥協案が摸索される可能性がある。その成果に基づいて韓日米首脳会談を推進すれば、外交的孤立から抜け出す道が開かれるだろう。

    同時に、中国を意識して否定的な立場を見せてきたクアッド参加問題もバイデン行政府の発足をきっかけに前向きに検討する必要がある。中国を意識しすぎれば米国をはじめ、民主主義連合から排除されて同盟を失い、中国にはさらに従属される、最悪の状況に陥るばかりだ。

    中国に言うべきことは言いながらも協力する関係を作ることが賢明な選択だ。アンゲラ・メルケル独首相はバイデン行政府の中国たたきに参加しながらも「気候変動や生物多様性のような世界的な問題では中国との連携が必要だ」と米国に促した。韓国もこのようなドイツ式の柔軟な戦術を駆使すれば、クアッドに参加しながらも中国と協力関係を維持することができないわけがない。

    https://japanese.joins.com/JArticle/275789?servcode=100&sectcode=110



    引用:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1613956473/


    【韓日米協力の再建を通じて外交孤立から抜け出してほしい】の続きを読む

    このページのトップヘ