あーっ!こりゃKOREA

韓国のニュースを中心に送るまとめサイトです。 日本のこともたまに掲載します。

    アメリカ




    お前らのウソがバレ始めているんだろ()!

    不用品回収業者の比較するなら!【エコノバ】


    逮捕しろ1


    1: Felis silvestris catus ★ 2021/02/21(日) 08:11:58.42 ID:CAP_USER9

    https://www.recordchina.co.jp/b872226-s25-c100-d0059.html


    日本、米国、韓国の3国関係をめぐり、韓国・ハンギョレ新聞は「米国はいつから日本の肩を持ち始めたのか」との記事を掲載した。記事は「中国台頭が転換点」と指摘。韓国は日本との関係で2019年11月の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了撤回のなどのような「決定的譲歩にも」と危惧している。

    日米韓の関係について、同紙は「米国は一時期、日本軍『慰安婦』問題などの韓日の歴史対立が噴出するたびに、自らが重視する『人権の視点』に基づいて韓国が好意的に受け入れられる意味のある介入を行っていた」と説明。「日本の執拗(しつよう)な反対を押し切った07年7月30日の米下院による慰安婦決議や、13年12月26日の安倍晋三前首相の靖国神社参拝に対する『失望した』との反応が代表的だ」と振り返った。

    しかし、米国のこうした立場は14年から16年にかけて「中国の台頭」に対応するために行われた日米同盟強化の過程を経て、劇的に変わることになる。15年4月には日米同盟を既存の「地域同盟」から「グローバル同盟」へと、活動範囲と地位を拡大する日米防衛協力指針(ガイドライン)が改定された。安倍前首相と米国のオバマ元大統領は16年に「広島」と「真珠湾」を互いに訪問して歴史的なわだかまりを取り除き、日米同盟は以前とは異なる特別な同盟に生まれ変わった。

    それに伴い、日韓の歴史対立に対する米国の介入の在り方も変わることになる。米国は15年初めから日韓の和解を露骨に迫り始め、15年12月28日に「慰安婦合意」が行われた際には「歓迎する」との声明を発表した。日韓両国は16年11月にGSOMIAを締結し、17年初めには在韓米軍基地への高高度迎撃ミサイル(THAAD)が配備されるなど、日米韓3国協力は一段階引き上げられた。

    ハンギョレ新聞は「同盟の修復を中心的外交課題に掲げるバイデン氏が政権に就いて1カ月も経たないうちに韓日関係の回復、韓米日の3国協力強化を叫ぶ米国内の声が本格化している。ところが米国の動きは、韓国にとっては『公平な仲裁』ではなく、『日本の肩を持っている』と受け止められているのが実際のところだ」と憂慮。10日の日米外相会談を例に「米国が何か『外交的過ち』を犯した韓国に関係回復を要求しており、日本は自分たちの怒りが正当であるかのように、不快な内心を隠さない雰囲気を漂わせた」と続けた。

    同紙は「米国の本格的な介入は3月に予想されるブリンケン国務長官のアジア歴訪で開始される見通しだ」と報道。「韓国政府は昨年9月、菅義偉首相の就任を機に関係回復を図ったが、『韓国が譲歩案を示すべき』との日本の強硬な立場のため、これといった成果を上げられずにいる」とした上、「現在のように息詰まる状況が続くなら、12・28合意やGSOMIA終了撤回のように、日本との関係において今一度『決定的譲歩』をしなければならない状況に追い込まれる可能性がある」と懸念している。(編集/日向)



    引用:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1613862718/


    【「米国はいつから日本の肩を持ち始めたのか」「日本は自分たちの怒りが正当であるかのように不快な内心を隠さない…】の続きを読む




    今頃失望するなよ()!


    不用品回収業者の比較するなら!【エコノバ】


    それで?3




    1: 昆虫図鑑 ★ 2021/02/04(木) 10:47:07.73 ID:CAP_USER

    次期米上院外交委員長である米民主党のロバート・メネンデス上院議員は1日(現地時間)、本紙とのオンライン・インタビューで、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が先月26日、中国の習近平国家主席との電話会談で「中国共産党創立100周年を心からお祝いする」と述べたことについて、「失望した(discouraging)し、心配になる(concerning)」「中国が香港の人々にしたことや、台湾に加えている脅威などは、本当に懸念される。(中国共産党の)そのような歴史を大いに喜ぶことに何があるのか、私はよく分からない」と述べた。

     同議員はまた、中国が人工知能(AI)や顔認識などの最先端技術を動員した「デジタル全体主義」を「自国だけでなく、世界のほかの国でも促進している」と言った。そして、「文大統領は習近平を喜ばせる(flatter)ためにそんなことを言ったかもしれないが、それ(中国共産党の価値)は結局は我々が世界や韓国と共有する価値ではないという点を理解していることを願う」「こんなことをしようと思って、我々は共に血を流して韓国の防衛と韓半島(朝鮮半島)非核化のために資源を投入し続けたわけではない」と語った。

    同議員は「米国は、韓国が中国に対抗して、絶対に米国側につかなければならないとお願いしているわけではない」「破壊的な(6・25)戦争(朝鮮戦争)の後、韓国を強い国、信じがたいほどの経済的な虎にしたその原則を擁護してほしいとお願いしているのだ」と言った。そう言った上で、「これは米中間の対決で韓国が米国の側につくという問題ではなく、我々が共有している民主主義・自由市場・法治・反腐敗・紛争の平和外交的な解決・人権といった価値を守るための問題だ」「我々が知っている韓国人たちは常に民主主義を愛し、人権を順守し、国際秩序・法治・公平でオープンな貿易市場を信じていた」「中国が南シナ海でやっていることを見れば、韓国が歴史のどちらの側につきたいと思っているか分かるだろう」と述べた。

    (略)

    さらに、慰安婦賠償判決などで悪化した韓日関係に関しては、「先日、(李秀赫〈イ・スヒョク〉駐米)韓国大使も言ったが、韓国が日本と対話することは非常に重要だ」と語った。そして、「慰安婦問題の深い傷は理解している」と言いながらも、「北朝鮮と中国の両方を抑止するため、米国・日本・韓国との間の戦略的協力は非常に重要だ」と強調した。

     最後に、イランが先月、韓国の化学物質運搬船「韓国ケミ号」を拿捕(だほ)し、国内の銀行に凍結されている約70億ドル(約7350億円)の返還を要求していることに関して、同議員は「韓国は引き続きイランに対する国際制裁義務を守らなければならないと信じている」と答えた。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/02/04/2021020480001.html

    前スレ
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1612392561/



    引用:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1612403227/



    【【米次期上院外交委員長】「文大統領の中国共産党祝福に失望…こんなことをしようと我々は血を流して韓国を守ったのか」】の続きを読む




    安心しろ。年内には開かれるよ()!

    不用品回収業者の比較するなら!【エコノバ】


    雄山4



    1: 荒波φ ★ 2021/02/01(月) 11:01:56.66 ID:CAP_USER

    ■ブッシュ元大統領とは就任から4日後に電話会談 オバマは13日後、トランプは9日後
    http://www.chosunonline.com/site/data/img_dir/2021/02/01/2021020180029_0.jpg

    文在寅(ムン・ジェイン)大統領と米国のバイデン大統領による電話会談が、バイデン大統領就任から10日が過ぎた今になっても実現していない。

    青瓦台(韓国大統領府)のある関係者は31日「実務担当者の次元では毎日接触中だ」と伝えた上で「今週中には韓米首脳による電話会談が実現するよう努力している」と述べた。

    文在寅(ムン・ジェイン)大統領は26日に中国の習近平・国家主席と先に電話会談を行い、日本の菅義偉首相は28日未明に文大統領よりも先にバイデン大統領と30分間の電話会談を行った。

    青瓦台は韓米首脳による電話会談について「時期よりも内容の方が重要」としている。

    与党勢力のある幹部は「米日首脳が電話会談を行ったので、われわれも早くやらねばならないというのは決まったルールではない」「米国側からもう少し準備のための時間が必要と伝えてきた」と説明した。

    しかし過去に米国大統領が就任してから韓国の大統領と電話会談を行った時期と比較すると、多少遅れているとの感は否定できない。

    1月20日に正式に就任したバイデン大統領は菅首相やロシアのプーチン大統領とはすでに電話会談を行った。ただし米中首脳電話会談はまだ実現していない。

    トランプ前大統領の場合は2017年1月20日に就任してから9日後、当時大統領権限代行だった黄教安(ファン・ギョアン)元首相と最初の電話会談を行った。

    トランプ前大統領の側から要請して実現したもので、およそ30分にわたり韓米同盟の強化と北朝鮮の核問題などに対して共同で対処する方針を改めて確認した。

    李明博(イ・ミョンバク)元大統領は2009年1月、オバマ元大統領就任から13日後に15分間の電話会談を行い、ブッシュ元大統領は就任から4日後に金大中(キム・デジュン)元大統領と電話会談を行った。

    いずれも日本と比較すると1日から5日ほど遅かった。

    ある政界関係者は「文大統領が習主席と先に電話会談をしたのは非常に残念だ」として「青瓦台は習主席との会談の意味合いを『新年のあいさつ程度』としているが、米中が対立する状況を考えて判断していれば、バイデン大統領との電話会談はすでに実現していただろう。それを考えると残念だ」とコメントした。


    2021/02/01 10:51
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/02/01/2021020180030.html



    引用:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1612144916/ 【韓米首脳電話会談、週内に開催か  青瓦台 「今週中には実現するよう努力している」】の続きを読む




    それは韓国が格下だからだろ()!


    不用品回収業者の比較するなら!【エコノバ】


    ビビっている3 (3)



    1: Felis silvestris catus ★ 2021/01/29(金) 18:06:10.74 ID:CAP_USER9

    https://sn-jp.com/archives/28400
    「なぜ日本の次に韓国なのか」…バイデン政権の主要閣僚、ことごとく日本と先に電話=韓国の反応

    ▼記事によると…

    ・米国のトニー・ブリンケン新任国務長官が27日、日本の茂木敏充外相と初めて電話をしたと日本の公営放送NHKが報道した。

    昨年11月のジョー・バイデン次期大統領(当時)、国家安全保障補佐官、国防長官に続き、国務長官まですべて日本に先手を打たれたわけだ。

    NHKによると、ブリンケン長官はこの日午前、国務庁舎で長官就任宣誓をした後、カナダの外相、茂木外相の順で通話し、就任の挨拶を伝えた。ブリンケン長官は近いうちに康京和外交部長官とも通話をする方針だ。

    今月26日、外交部は「ブリンケン指名の承認が行われれば早いうちに康京和長官とも通話できるだろう」とした。

    ただ一部では、今月20日に発足したバイデン政権が最近、韓国より先に日本と通話したことをめぐり、アジア地域における優先順位を韓国ではなく日本に置いていることが確認されたのではないかという分析だ。

    2021.01.27|11:10
    http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/57642644.html

    (略)



    引用:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/snsplus/1611911170/ 【「なぜ日本の次に韓国なのか」 米政権の主要閣僚、ことごとく日本と先に電話 ネット「G7にも入ってないのに、なんで日本より上だと…」】の続きを読む




    日本はもう会談したぞ()!

    不用品回収業者の比較するなら!【エコノバ】


    飽きちゃった2



    1: 荒波φ ★ 2021/01/29(金) 15:30:51.33 ID:CAP_USER

    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と米国のジョー・バイデン大統領の初めての首脳電話会談がずれ込んでいる。

    青瓦台(チョンワデ、大統領府)は29日午前になっても韓米首脳電話会談の日程を公示しなかった。

    青瓦台は前日、徐薫(ソ・フン)国家安保室長主宰の国家安保会議(NSC)常任委員会会議を終えた後、「米国新政府発足を契機に韓米間の緊密な疎通と協力を基に、同盟の懸案や韓半島(朝鮮半島)およびグローバルイシューを協議していくことにした」と明らかにした。

    しかし、疎通当事者である米国から韓米共助の開始を知らせる電話会談の日程について、まだ確定・通知がない。

    外交界では「韓半島問題が米国の優先順位から後回しにされているのではないか」という観測が出ている。

    20日に就任したバイデン大統領は22日のカナダを皮切りに欧州友邦首脳との電話会談を終えた。続いて北大西洋条約機構(NATO)事務総長、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領に続き28日には日本の菅義偉首相と電話会談を行った。

    これら国々の共通点は、米国が主導する中国封鎖戦略に直接参加しているか、影響を与えることができる国々だ。米国外交の「第一関心事」が中国にあることを示唆しているとの分析もある。

    歴代米国大統領は初めての首脳電話会談の順序に自身が推進する外交政策の優先順位を反映してきた。中でも特に異例だったのは、中東の国々と真っ先に電話会談を行ったオバマ元大統領だ。

    もし今まで中国問題に集中していたバイデン大統領が、韓国に先立ち中東の国々と先に接触する場合、韓半島問題は米国外交の「優先順位」から、中国・中東に続く課題として後ろに回されたという解釈が可能だ。

    実際、バイデン政府と同じく民主党出身のオバマ氏の場合、日米、韓米首脳電話会談の日程に5日の間隔をあけ、在任期間中は「戦略的忍耐」という消極的北朝鮮戦略を繰り広げた。

    バイデン大統領が過去の民主党政権の時と同じ判断を下すなら、残り1年余りの任期中に韓半島問題に対する成果を出したいと考えている文大統領の構想に支障が出る可能性もある。

    このため、韓国政府はバイデン政府発足前から公式・非公式のチャネルを通じてバイデン政府に韓半島問題に対する重要性を説明してきた。

    実際、政府高位関係者は11日、中央日報の電話取材に対して「韓米両国の政府を緊密に連結する米国の中堅外交・安保筋を通じてまもなく発足するバイデン政府に『シンガポール精神に戻って金正恩(キム・ジョンウン)氏と米朝対話を再開しよう』というメッセージを伝達した」と話した。
    <中央日報1月12日付『韓国、バイデン氏側にシンガポール式米朝首脳会談を提案』記事>

    にもかかわらず、韓米首脳電話会談がまだなく、外交界の一部からは「韓米首脳電話会談に先立ち、文大統領が習近平中国国家主席と先に電話会談を行ったことも影響を与えているのではないか」という懸念が出ている。

    電話会談が週末明けの来週始めに行われる可能性もあり得る状況だ。

    青瓦台は「近く電話会談が行われるのではないか」とし、順序や時期は重要ではないという立場だ。


    中央日報日本語版 2021.01.29 14:52
    https://japanese.joins.com/JArticle/274994



    引用:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1611901851/


    【中東より後? 菅首相と電話会談のバイデン大統領、文大統領とは週末明けか】の続きを読む

    このページのトップヘ