あーっ!こりゃKOREA

韓国のニュースを中心に送るまとめサイトです。 日本のこともたまに掲載します。

    トランプ



    にするな!
    世界が韓国から孤立しているだけだ()!

    無視しろ5









    1: Felis silvestris catus ★ 2020/12/23(水) 18:09:54.75 ID:CAP_USER9

    https://www.recordchina.co.jp/b862633-s0-c10-d0144.html
    2020年12月22日、韓国・朝鮮日報は、トランプ米大統領が安倍晋三前首相、インドのモディ首相、豪州のモリソン首相に勲章を贈ったが、「米国のアジア同盟国として日豪と肩を並べるべき韓国には贈られなかった」と伝えた。

    この勲章は「レジオン・オブ・メリット」と呼ばれ、米大統領が功績のあった外国首脳などに贈るもの。

    記事は、今回の勲章を「中国をけん制する日米豪印の連携、クアッド(Quad)参加国のみに感謝を表したものだ」と指摘している。クアッド4カ国はインド洋で共同訓練を行うなどしているが、韓国は康京和(カン・ギョンファ)外相が参加に否定的な立場を示している。

    この記事に、韓国のネットユーザーからは「参加したから贈ってくれたんだろうに(笑)。参加を断って中国についたのに、勲章をもらえなくて悔しいって?」「習近平(シー・ジンピン)主席が勲章をくれるかもしれないよ!」「金正恩(キム・ジョンウン)委員長にもらえばいいんじゃない?」「世界ののけ者。あきれるよ。新型コロナウイルスのワクチンも買えない」「国民は世界に進出し各分野で名をとどろかせているのに、大統領が国の品格を失墜させ、国際社会から韓国を孤立させている」など、厳しい声が殺到している。(翻訳・編集/麻江)



    引用:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1608714594/


    【トランプ大統領が日豪印の首脳に勲章、文大統領になかった理由とは 韓国ネット「世界ののけ者」「大統領が国際社会から韓国を孤立…」】の続きを読む


    ほうっ、これは面白くなってきた!


    ガンバレ3








    1: Felis silvestris catus ★ 2020/12/06(日) 21:13:37.34 ID:CAP_USER9

    https://anonymous-post.mobi/archives/5367
    米国の非営利団体、プロジェクト・ベリタスはこのほど、CNNで行われた一連の電話会議の録音を公開し始めました。2回目の録音の中でCNNの社長はトランプ大統領をあしざまに表現し、彼をまともな人間のようには報道しないようにと命じていました。CNNは告発者を告訴すると明らかにしましたが、プロジェクト・ベリタスの代表は、訴訟は恐れていないと一蹴したうえ、CNNは米国人に謝罪すべきだと述べています。

    CNNのジェフ・ザッカー社長
    「分かった。私は改めて次のことを強調したい。我々は先週、トランプに起きたことと彼の言動をまともだというような報道はできないと考えている」

    プロジェクト・ベリタスは引き続きCNN電話会議の内容を公開しました。2回目の録音では、CNNのザッカー社長が彼の編集チームに対し、トランプを「まともな人間」として報じないようにし、トランプの「不安定な行為」を報じ、さらには「彼はり患した」とも報じるよう明確に指示していました。

    CNNのジェフ・ザッカー社長
    「David Chalianが言ったのは、彼が失敗した大統領だということを知っており、彼が困難に陥っていることを知っており、彼は(COVID-19に)り患し、もしかしたらステロイドの後遺症が出ているかもしれないということだ。私には分からないが。だが彼の行動は予測不可能で、彼は絶望している。我々は彼をまともな人間ではないと報じる必要がある」

    別の録音の中でCNNの社長はさらに編集チームに対し、バイデンファミリーのスキャンダルを追跡報道しないように指示してもいました。

    CNNのジェフ・ザッカー社長
    「これまでのいわゆるスキャンダルについて(彼らは)みんながそれを追いかければいいと思っている。だから我々は、こうした根拠のない中傷(スキャンダル)を、右翼メディアが我々にそれを報じろと推奨しているからという理由で何度も報じる必要はないと考えている」

    録音が公開されると、CNNはプロジェクト・ベリタス創始者を訴えると発表しましたが、録音が公開された日に創始者であるオキーフ氏もFOXニュースの取材を受け、告訴を恐れてはいないと述べました。

    プロジェクト・ベリタス創始者のジェームズ・オキーフ氏
    「我々プロジェクト・ベリタスはすべての訴訟に勝利している。我々プロジェクト・ベリタスには法律の専門家もいる。我々はジェフ・ザッカーが我々が暴露したことに非常に立腹し、非常に気恥ずかしい思いをしているのだと考えている」

    オキーフ氏はさらに、これらの録音には実際のところ驚くべきことはなく、フェイクニュースがどうやって行われているのかを証明したものだと述べ、CNNは「(報道)内容を作り上げ」ていて、ニュースを報じているのではなく「プロパガンダ」を行っていると批判しています。

    ジェームズ・オキーフ氏
    「これは我々が知っているニュースとは雲泥の差がある。我々は、CNNは人々に謝罪すべきだと考えている。これは恥ずべきことで、我々はもっとたくさんのメディア業界人が立ち上がって、マスメディアの腐敗を明らかにするよう勧める」

    https://m.ntdtv.jp/2020/12/46315/

    関連記事

    ミシガンの郵便局の内部告発者をスクープしたジャーナリスト、CNNのジェフ・ザッカー社長に電話をかけ、インサイダーの電話録音を公開すると予告 第一弾のCNN特派員の会話を公開 CNN特派員「トランプ氏の選挙での主張をどのように隠蔽すべきか」を語る https://t.co/WcfqXzOsHu

    — アノニマス ポスト ニュースとネットの反応 (@anonymous_post2) December 2, 2020

    (略)



    引用:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/snsplus/1607256817/


    【CNN社長が指示「トランプをまともじゃない人物に見せかけろ」「バイデンのスキャンダルは報道するな」 盗聴テープで明らかに】の続きを読む



    つけ!


    嘘つけ1








    1: 首都圏の虎 ★ 2020/10/04(日) 12:06:32.04 ID:CAP_USER

    中国の習近平国家主席が3日、新型コロナウイルス陽性判定を受けたトランプ米大統領に見舞いの電報を送った。トランプ大統領が2日にツイッターを通じて新型コロナウイルス感染を公開してから1日ぶりだ。

    習主席はこの日トランプ大統領に送った電報で「トランプ大統領夫妻が1日も早く健康を回復することを望む」と明らかにしたと中国国営CCTVが伝えた。

    トランプ大統領の感染のニュースが伝えられると各国首脳の見舞いと応援のメッセージが続いた。主要国首脳で初めて新型コロナウイルスに感染し集中治療室にまで入ったジョンソン英首相をはじめ、陽性判定を受けた中南米諸国の首脳らも応援メッセージを送った。

    文在寅(ムン・ジェイン)大統領も2日にトランプ大統領夫妻に見舞いの電報を送った。文大統領は「われわれ夫婦は大韓民国国民とともに大統領と夫人の早期快癒を祈る。ご家族と米国国民にも格別の慰労と激励の言葉をお伝えする」と明らかにした。

    北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長も3日に見舞いの電報を送り、「私は、あなたと令夫人がコロナウイルスの検査で陽性判定を受けたという意外の報に接しました。私は、あなたとあなたの家族に見舞いの意を表します。私は、あなたと令夫人が一日も早く全快することを心から願います」との考えを伝えた。また、「あなたは必ず、耐え抜くでしょう」ともした。

    しかし米国と貿易戦争の最中である中国の習主席は指導部次元の公開メッセージを出していなかった。中国外交部の華春瑩報道官だけが前日にツイッターを通じ「トランプ大統領夫妻が陽性判定を受けたことを悲しむ。速やかに回復することを望む」と明らかにした。

    一方、中国国営メディアの環球時報の胡錫進編集長がツイッターを通じ「トランプ大統領夫妻は新型コロナウイルスを軽視しようとした博打の対価を払った。今回のニュースは米国内の新型コロナのパンデミック状況の深刻性を見せるもの」と指摘した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8922bc44d505681f37dd20f858448129068ad719



    引用:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1601780792/


    【沈黙していた習近平主席、トランプ大統領に「1日も早い健康回復を」】の続きを読む




    日本にはいまだに
    媚中派が跋扈しているのに()。


    あきらめろ4



    【アリスタウン】ゲームで遊んで電子マネーをゲットできるオンラインスロット
    無料登録で今すぐプレイ!




    1: 昆虫図鑑 ★ 2020/08/14(金) 08:20:40.15 ID:CAP_USER

    習近平主席の外交ブレーンに狂い

     中国の外交総括役の楊潔篪国務委員(外交担当=共産党外事工作委員会主任)は8月7日に発表した文書でこう言い切った。

    「米国の一部反中勢力が米中関係を不可逆的に破壊するため、米中の交流を阻み、米国民を誤った方向に導いている」

     習近平国家主席の外交ブレーン、楊氏が米国内に燃え上がる反中気運を本心からそう思っていたとしたら、完全な間違いだ。

     確かに当初は人権問題には史上最も疎いドナルド・トランプ大統領にとっては、中国攻撃は再選狙いの一環でしかなかった。


     ところが「香港国家安全維持法」制定を契機に、人権問題には敏感な米議会では、反中スタンスに火がついてしまった。

     以前から米議会には超党派で反中マグマはあった。

     米中貿易摩擦、中国の米知的財産盗取、スパイ活動、南シナ海・東シナ海での準軍事威嚇活動、ウイグル族抑圧――。

     その反中マグマに火をつけたのが「香港国家安全維持法」制定だった。

    米議会は反中で一致、媚中派ゼロ

     米議会はトランプ大統領よりも先へ先へと動いた。

     中国が「香港国家安全維持法」制定の動きを察知するや、パット・トゥーミ―上院議員(共和、ペンシルベニア州州選出)が5月21日、「香港自治法案」(Hong Kong Automy Act)を上程。米上院は6月25日、同法案を可決、成立させた。

     米下院は、中国共産党全代人常務委員会が6月30日、「香港国家安全維持法」を制定した直後、「香港セーフハーバー法案」(Hong Kong Safe Harbor Act)*1を可決成立。

     上院でも、マルコ・ルビオ(共和、フロリダ州選出)、ボブ・メネンデス(民主、ニュージャージー州選出)が同日、同法案を上程、直ちに可決、成立させた。

    *1=同法案は、民主化運動などで当局から逮捕される恐れのある香港市民を米国が特別難民として受け入れることを明記している。
    「香港国家安全維持法」制定、つまり「一国二制度」の事実上の終焉とみた米議会は、「次は中台統一」と見た。

     上院では、ジョシュ・ハウレイ議員(共和、ミズーリ州選出)が6月29日、「台湾防衛法案」(Taiwan Defense Act)を提出した。

     下院ではマイク・ガラファー議員(共和、ウィスコンシン州選出)が同趣旨の法案を提出した。

     この法案は、米政府が1979年に制定した「台湾関係法」に明記された中国からの軍事的脅威に直面する台湾に対する米国の軍事的責務を再確認するよう求めたものだった。



    続きはソースで
    https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/61696?page=2



    引用:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1597360840/


    【米下院がついに対中強硬法案提出、台湾防衛へ本腰 米議会は反中で一致、媚中派ゼロ】の続きを読む


    ぜひやってもらいたい!


    ブラボー1




    浮気・不倫調査はUG探偵事務所



    1: しゅわっち'92 ★ 2020/05/15(金) 12:25:17.87 ID:CAP_USER

    2020年5月15日 10時24分新型コロナウイルス

    新型コロナウイルスをめぐってアメリカと中国の対立が激しくなる中、トランプ大統領はテレビ局のインタビューで「すべての関係を断つこともできる」と強い言葉で警告し、国内の支持者に向けて中国への強硬姿勢を示すねらいもあるとみられます。

    新型コロナウイルスの世界的な感染拡大についてアメリカは、中国による隠蔽が原因だと批判を強めているのに対し、中国は根拠のない主張だと反論し、激しく対立しています。

    こうした中、トランプ大統領は14日に放送されたFOXビジネスネットワークのインタビューで、中国の習近平国家主席と話したかと問われると、「習主席と関係は良好だが、今は話したくない」と述べました。

    さらに中国への対応について「われわれができることはたくさんある。すべての関係を断つこともできる」と述べ、強い言葉で中国を警告しました。

    また、ウイルスの発生源をめぐっては「研究所からであろうが、コウモリからであろうがウイルスは中国からきたものだ。その発生源で止めるべきだった」と述べ、世界中で感染が拡大した責任は中国にあると改めて批判しました。

    新型コロナウイルスをめぐっては与党・共和党から中国に責任をとらせるべきだという声が相次いでいて、トランプ大統領としては共和党や支持者向けに中国への強硬な姿勢を示すねらいもあるとみられます。


    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200515/k10012430971000.html



    引用:https://egg.5ch.net/test/read.cgi/news5plus/1589513117/

    【【米トランプ大統領】「関係断つこともできる」中国に強く警告】の続きを読む

    このページのトップヘ