あーっ!こりゃKOREA

韓国のニュースを中心に送るまとめサイトです。 日本のこともたまに掲載します。

    パヨク



    ハトヤマも同じこと言っていたぞ()!

    ハトヤマ5




    カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
    ★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】




    1: Felis silvestris catus ★ 2020/07/24(金) 21:23:05.85 ID:CAP_USER9

    https://anonymous-post.mobi/archives/1899
    「ポスト安倍」を目指す自民党の石破茂元幹事長が首相の「専権事項」とされる解散権の行使に否定的な見解を示し、自身が首相として記者会見に臨む場合は質問を打ち切らない方針も打ち出している。

     距離を置く安倍晋三首相との違いを打ち出す狙いが透けるが、首相に就任した場合に自らの手足を縛ることになりかねず、党内からは「軽率」との冷めた声も聞こえる。

     「解散が行われるなら、かなり厳しい批判を受けるかもしれない。今、やるべきではない」

     石破氏は21日昼、岸田文雄政調会長らと都内で会食した後、記者団にこう語り、今秋にも安倍首相が踏み切るのではと臆測を呼んでいる衆院解散・総選挙に反対する考えを強調した。

     憲法7条は、内閣の助言と承認により天皇が行う国事行為の一つに「衆議院を解散すること」と掲げており、これが首相による衆院解散の根拠とされる場合が多い。

    ただ、石破氏は2日の講演で「7条解散」について「憲法論から『すべきではない』との立場だ」と強調。
    内閣不信任決議案可決か信任決議案否決に伴う憲法69条による解散などに限定すべきだと主張する。

     さらに、石破氏は首相になったときの記者会見では質問を無制限に受け付けると明言。

    2日の講演で「手が挙がらなくなるまで質問を受けたい。メディアを取捨選択するのは国民を取捨選択することだ。民主主義の在り方として私はとらない」と訴えた。

     ただ、「7条解散」には首相が野党を牽制(けんせい)したり、政権に対し不穏な動きを見せる与党を引き締めるといった運営上の効果もある。
    記者会見の場で質問に丁寧に応じることは重要だが、時間無制限を保証しながら実行しない場合、言行不一致との批判を招くことになる。

     石破氏は報道機関の世論調査で「次の首相にふさわしい政治家」として軒並みトップを走る。
    しかし、石破氏をよく知る党ベテランは「自分で自分の手足を縛っている。首相になった後の戦略が全くないのだろう」と語り、理想と現実との見極めを求めた。

    https://www.sankei.com/smp/politics/news/200724/plt2007240005-s1.html

    (略)



    引用:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1595593385/


    【石破茂「自身が首相として記者会見に臨む場合は質問を無制限に受け付ける」 ネット「嘘ばっかり」「民主へ移籍の方が…」】の続きを読む


    それこそ関係ないだろ()!


    何言ってんの1



    カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
    ★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】



    1: Felis silvestris catus ★ 2020/07/21(火) 18:19:45.89 ID:CAP_USER9

    https://sn-jp.com/archives/3873
    志位和夫議員のツイート

    感染対策よりも「君が代」斉唱を優先させるとは、何という反教育的な愚行だろうか。

    (略)



    引用:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1595323185/


    【志位和夫「感染対策よりも「君が代」斉唱を優先…反教育的な愚行」 ネット「貴方はコロナがあろうがなかろうが…」】の続きを読む


    そりゃお前にはそう言うだろう()。


    忘れろ8



    カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
    ★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】



    1: Felis silvestris catus ★ 2020/07/21(火) 18:07:54.50 ID:CAP_USER9

    https://sn-jp.com/archives/3840
    原口一博議員のツイート

    自民党にも優秀で志の高い「友人」達がいます。

    でも私の友人達は、政権中枢、内閣にあまりお呼びがかかりません。

    「安倍首相に歯の浮くようなお世辞を言う人たちを見てるとさすがに吐き気がする」と言います。

    歯の浮くようなお世辞か、安倍首相好みの思想的なことを言って近づく人こそ遠ざけるべきだと

    (略)



    引用:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1595322474/


    【原口一博「自民党にも『友人』達がいます。「安倍首相に歯の浮くようなお世辞を言う人たちを見てると吐き気がする」と言います】の続きを読む



    どうでもいいよ。野党なんて()!



    どっちだ?2



    カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
    ★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】



    1: アブナイおっさん ★ 2020/07/19(日) 22:59:20.56 ID:CAP_USER9

    立憲民主党の枝野幸男代表が国民民主党との合流を焦っている。枝野氏は新型コロナウイルス対策や東京都知事選で存在感を発揮できず、
    党内から次期衆院選を見据えた動きを加速するよう求める声が出ていた。

    枝野氏は18日、横浜市で記者団の質問に答え、国民に対し、合流条件を逆提案する前に立民の提案内容に回答するよう求めた。

    立民は15日に両党が解党して新党を立ち上げた上で新党名を「立憲民主党」、略称を「民主党」にすることなどを提案したが、
    国民の玉木雄一郎代表は党名を民主的な手続きで決めるよう主張している。

     国民に合流を提案した翌日の16日夜、枝野氏は都内で党の若手議員らと会食した。
    自らが立ち上げた「立憲民主党」の党名維持にこだわる枝野氏はその場でも「党名は絶対に譲らない」と繰り返した。
    「早々に決着をつける」とも語り、玉木氏が持ち掛けてくる条件闘争に応じない考えもにじませたという。

    昨年末からの国民との合流協議では条件が折り合わず、1月に頓挫した。
    だが、立民の若手・中堅からは現状のままでは与党だけでなく、
    日本維新の会やれいわ新選組にも対抗できないとして協議を再開すべきだとの機運が高まっていた。
    合流に再びかじを切った枝野氏の心境ついて、国民中堅は「立民の政党支持率も頭打ちで焦っているのだろう」と推測する。

    一方、今回の合流協議で新党への参加が見込まれる野田佳彦前首相ら旧民主党政権の重鎮も水面下で動きを活発化させている。
    野田氏を慕う勢力は今も両党内におり、新党結成後の代表選で野田氏を担ぐ案も浮上する。
    立民の最大グループを率いる赤松広隆衆院副議長も執行部への不満を募らせており、「枝野1強」と言われた党内基盤は揺らいでいる。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5206c23ff99813250e31cb87da5e2676cda4cdbf



    引用:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1595167160/


    【【立憲】合流急ぐ枝野代表、国民民主「立憲の政党支持率も頭打ちで焦っているのだろう」維新、れい新に対抗できず】の続きを読む




    まさかと思ったが、本当にいたとは()!


    兄を言っている?6



    カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
    ★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】



    1: Felis silvestris catus ★ 2020/07/19(日) 08:21:30.34 ID:DXjbcFcl9

    https://sn-jp.com/archives/3501
    @muraken12812531さんのツイート

    三浦春馬さんの自殺を安倍総理のせいにしてる外道がいるのかよ。

    こんな時でも安倍退陣とか言ってるの愚の骨頂だろ。
    https://sn-jp.com/wp-content/uploads/2020/07/ScreenShot-3.jpg

    (略)



    引用:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1595114490/


    【三浦春馬さんの自殺を安倍総理のせいにしてる外道がTwitterに現れてしまう ネット「左翼がバカだと言われる所以」「頭狂った奴」】の続きを読む

    このページのトップヘ