あーっ!こりゃKOREA

韓国のニュースを中心に送るまとめサイトです。 日本のこともたまに掲載します。

    北朝鮮


    >バイデン当選人は米議会上院外交委員長だった当時

    20年も前だろ()!

    結構です3









    1: Ikh ★ 2020/11/10(火) 11:23:50.47 ID:CAP_USER

     韓国の与党勢力は9日、米民主党のバイデン候補の大統領選挙での当選が決まると、文在寅(ムン・ジェイン)政権がこれまで進めてきた南北平和プロセス再開と米朝関係回復への期待感をあらわにし始めた。与党勢力からは韓米首脳会談の早期開催をはじめとして、バイデン次期政権に対して北朝鮮への特使派遣、開城工業団地再開、韓米訓練の延期などを求める声が相次いでいる。

     韓国与党・共に民主党の金太年(キム・テニョン)院内代表はこの日、党の会議で「バイデン当選人は米議会上院外交委員長だった当時、金大中(キム・デジュン)元大統領による太陽政策への支持を正式に発表したことがある」と発言した。その上で金太年氏は「バイデン氏の登場は、韓半島平和プロセスを進展させる新たなチャンスだ」「韓米首脳会談の早期開催が必要だ」などとも主張した。同党所属の宋永吉(ソン・ヨンギル)国会外交統一委員長もあるラジオ番組に出演した際「バイデン当選人は過去のクリントン政権による積極的な関与政策を採用する可能性が高い」「トランプ大統領が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長と会ったことなどを一方的に否定できないと考えている」と述べた。宋委員長はさらに「バイデン政権は近いうちに(北朝鮮に)特使を派遣するとか、対話ルートを開いて北朝鮮が非核化に向かうよう信頼を積み上げる措置を取るべきだ」とも主張した。

    ※続きは元ソースでご覧ください

    ウォン・ソンウ記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2020/11/10 10:20
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/11/10/2020111080043.html



    引用:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1604975030/


    【「バイデン氏は太陽政策を支持」「われわれと相性が良い」…韓国与党はわれもわれもと皮算用】の続きを読む




    敬愛する将軍様に怒られてやんの()!


    笑い2








    1: 首都圏の虎 ★ 2020/10/25(日) 09:09:54.99 ID:CAP_USER

    日本の菅義偉首相に就任を祝う書簡を送った韓国政府に対し、北朝鮮が24日、「『関係改善』を請託しひざまずくことがまさに民族反逆で親日売国」と非難した。

    北朝鮮はこの日宣伝メディア「わが民族同士」に、「民心をないがしろにすることが反逆で売国」という記事を載せ、「人が二枚舌を使いながらつじつまの合わない行動をすれば自らを醜くさせる。最近の南朝鮮(韓国)当局の行動がこれをよく語っている」と主張した。

    その上で「少し前まで『克日』だ『反日』だと騒いでいた時はそれでも自尊というものが一抹ではあるがあるようだった。ところが最近、新たに出現した日本当局に『祝賀書信』を送る、日本企業関係者の入国制限措置を緩和すると言って『関係改善』を請託する姿はあまりにも違う状況だ」とした。

    北朝鮮は強制徴用賠償判決、輸出規制などで韓日対立があった事実に言及し、「日本当局に当然言うべきことは言えず、むしろ低姿勢になってこびている南朝鮮当局の二重的形態は彼らがわめいていた『克日』『反日』というものが民心を欺くための演劇にすぎず、親日屈従的態度からは保守政権と変わらないということを見せる」とした。

    また「結局南朝鮮当局は文字通りお辞儀をして頬を打たれた格好になった。売国奴・反逆者と変わるものがない」と締めくくった。

    一方、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は先月16日、菅首相に「在任期間中に韓日関係発展に向けともに努力していこう」と祝賀書簡を送り、「難しい問題を克服し未来志向的日韓関係を構築していくことを期待する」という返信を受け取った。特に菅首相が「両国が重要な隣国」であることを強調したと青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)が明らかにした。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8123fc2d29aaf2c7b5fab26be1bbd65563d6b1c7



    引用:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1603584594/


    【【北朝鮮】文大統領に「反日だと騒いでいたのに日本に祝電送るのか」「まさに民族反逆で親日売国」】の続きを読む



    >朝鮮総連は、朝鮮学校を必死に支えてきたのだ。
    じゃあダメだろ()!

    飽きちゃった6









    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2020/10/24(土) 19:39:43.62 ID:CAP_USER

    国が朝鮮学校を無償化の対象にしなかったのは違法だとして、広島朝鮮初中高級学校を運営する学校法人広島朝鮮学園および同校卒業生ら109人が原告となり、国に対し不指定処分処分の取り消しや損害賠償を求めた訴訟で、広島高裁は16日、一審の地裁判決を支持し、国の判断を「適法」とする不当判決を下した。これと関連し17日、日朝友好千葉県の会と千葉朝鮮学校を支える県民ネットワーク(千葉ハッキョの会)が連名で抗議声明を発表した。以下、声明全文。

    2020年10月16日、広島高裁(三木昌之裁判長)は、高校無償化の対象から除外した国の処分の取り消しや損害賠償を求めて闘い続けている学校法人広島朝鮮学園と当時の生徒109名の控訴を棄却し、一審を支持する不当判決を下した。われわれ両会は、この判決に「腹の底から湧き上がる怒り」をもって抗議する。憲法に基づいて「良心に従い独立して職権を行う」裁判官とは到底認められない。

    三木昌之裁判長は、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)と朝鮮高級学校が密接な関係にあると指摘した公安調査庁の資料等を基に「学校運営が法令に従った適正なものであることに合理的な疑いが生じる」として、無償化から除外した当時の文部科学大臣の判断に裁量の逸脱や乱用はなかったと結論付けた。裁判長は、朝鮮高級学校を無償化の対象にしたら就学支援金が朝鮮民主主義人民共和国(朝鮮)に流れるなどと本気で思っているのか。

    2010年に始まった「高校無償化法」は、国際人権規約の規定の実施であり、「全ての意志ある高校生等が、安心して勉学に打ち込める社会をつくる」ことを目的として、政治的外交的理由に左右されることなく、全ての在日外国人高校生にも国として学びの機会を経済的に支援することを基本理念としている。現に、朝鮮高級学校を除くその他の各種学校の在日外国人高校生には適用されている。

    2013年2月20日、第二次安倍政権の下村文部科学大臣は「国民の理解が得られない」という主観に基づき、朝鮮高級学校のみを無償化適用除外とするため文科省令を改悪した。朝鮮総連と「北朝鮮」との関係をことさら強調し、政治的外交的理由により朝鮮高級学校を「無償化」から排除した。今回の判決も朝鮮総連の朝鮮学校への「不当な支配」を適用除外の理由としているが、これは国や一部報道機関によって意図的に作られたものだ。朝鮮学校に対して「不当な支配」をしているのは日本政府のほうであり、朝鮮総連は、朝鮮学校を必死に支えてきたのだ。われわれ両会は日頃の活動を通してその事実を目の当たりにしている。支える朝鮮総連と支えられる朝鮮学校が密接な関係にあるのは当然のことだ。

    納税の義務は等しく負わせておきながら、補助金の凍結・減額を行い、高校無償化から朝鮮高級学校を外し、幼保の無償化から朝鮮幼稚園を外し、さらにはCOVID-19に係る支援からも朝鮮学校を排除するなど、日本政府は朝鮮学校に対して一貫した差別政策を採り続けている。「多文化共生」を口にしながら、朝鮮に繋がるものはすべて排除する日本政府の人権感覚は異常である。本来、それを正すのが司法の役割であるにもかかわらず、国の屁理屈を肯定する下請け機関に成り下がっている。

    この間COVID-19の影響により、千葉県唯一の民族学校である千葉朝鮮初中級学校(千葉ハッキョ)は、支援のためのイベントが相次いで中止となった。その結果、千葉ハッキョ存続のために欠くことのできない収益が無くなり、教職員の給料や教育活動に係る経費を賄うことが困難な状況に追い込まれた。しかし、千葉ハッキョの運営を困難にしているそもそもの原因は、保護者も教職員も日本人同様、等しく税金を納めているにも関わらず、自治体の補助金等が一切絶たれているという差別にある。

    われわれ両会は、この困難を乗り切るため5月末から「新型コロナウィルスから千葉ハッキョを守るための支援カンパ」に取り組んできた。そして、数多の心ある市民から寄せられたカンパは現在、400万円に達している。われわれ両会は今後も引き続き、朝鮮学校への補助金支給・高校及び幼保の無償化適用を求め、全国の仲間とともに連帯して取り組んでいくことを表明する。

    以上

    2020年10月17日

    日朝友好千葉県の会 共同代表 上野建一・小宮清子

                    千葉ハッキョの会 代表 廣瀬理夫

    朝鮮新報 2020.10.23 (06:00)
    https://www.chosonsinbo.com/jp/2020/10/23-14/



    引用:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1603535983/


    【【広島無償化裁判】“国の屁理屈を肯定”/日朝友好千葉県の会と千葉ハッキョの会が抗議声明】の続きを読む




    文在寅「これで将軍様は喜んでくれる」


    おかえりなさい1








    1: 新種のホケモン ★ 2020/10/20(火) 08:23:01.88 ID:CAP_USER

    2020年10月16日、韓国・東亜日報は、韓国政府が今年中の実戦配備に向け進めていた韓国型戦術地対地ミサイル(KTSSM)事業が、延期になったと報じた。

    記事によると、KTSSM事業は、首都圏を脅かす北朝鮮の長射程砲を無力化させる目的で推進されており、国防科学研究所(ADD)やハンファは今年1月に技術開発を終えていた。しかし昨年2月に発生した開発試作品製造工場の爆発事件により、製品の量産に着手できずにいるという。さらに、今年2月からは監査院がKTSSM事業の監査に着手し、開発事業が全面中断された。現在、監査院は2018年に完了した「KTSSM事業妥当性評価」に問題がないか調べているという。

    今年を目標に推進してきたKTSSMの実戦配備は23年以降に延期され、「韓国軍の対北朝鮮戦力に穴が生じる」と懸念する声も出ているという。

    KTSSM事業は10年11月の北朝鮮による延坪島(ヨンピョンド)砲撃事件を受けて、これに対応する兵器の開発から始まった。当時の李明博(イ・ミョンバク)大統領が直接事業の着手を指示し、事業名は「稲妻事業」に決定。KTSSMは最大180キロ離れた標的を誤差範囲1、2メートル以内で打撃できるように開発された。軍によると、開発に約360億ウォン(約33億740万円)が投じられ、非武装地帯(DMZ)付近に集中的に配備された北朝鮮の長射程砲坑道陣地を突破・破壊できるとされている。

    これを受け、韓国のネット上では「金正恩(キム・ジョンウン)委員長の顔色をうかがっているから、文大統領の任期中には無理だと思う」「どうせ大統領は言い訳を並べて再開しないはず」などと予想するコメントや、「(文大統領の)終戦宣言よりこういった安保の空白の方が怖い」「こんな状況で何が自主国防、米軍撤収だ」など安保を心配するコメントが多く寄せられている。

    また「監査院が中断指示を出したってことは何か理由があるはず。よく分からないけど、韓国には技術がないのだと思う」「他国に支援も受けられず、成功させようとしてないのかな」など推測する声も上がり、中には「それよりも放射砲を防ぐ方法を考えた方がいい」「(韓国も)核開発をすべき。5000発もある(と言われている)長射程砲をどうやって防ぐの?」と訴える声も見られた。
    (翻訳・編集/松村)

    2020/10/20 07:38 (JST)©株式会社 Record China
    https://this.kiji.is/691053042104960097?c=62479058578587648



    引用:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1603149781/


    【首都圏を守る韓国のミサイル事業が全面中断=「韓国軍の対北朝鮮戦力に穴」「韓国には技術がない」と懸念の声】の続きを読む



    イイじゃん。と一緒になるんだから()!


    訴えてやる1








    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2020/10/16(金) 08:54:44.17 ID:CAP_USER

    「韓国の『綱渡り外交』が重大な岐路に立った」。

    代表的な知韓派に挙げられる米国のロバート・ガルーチ元北朝鮮核特使は14日(現地時間)、現地外交専門メディアのインタビューでこのように述べた。こうした見方に米国の大半の韓半島(朝鮮半島)専門家が共感しているというのが、現地外交関係者の話だ。

    米中覇権争いが激化する中、韓国のいわゆる中立外交に対して米国は露骨に不満を表してきた。「同盟国の線引き」をする米国と「韓国はどちら側か」と繰り返し問う中国の間で、韓国政府が維持してきた「戦略的あいまい性」が近く限界に直面するというのが専門家らの指摘だ。

    ◆高官級協議で主要懸案の解決目指す

    青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)の徐薫(ソ・フン)国家安保室長が3泊4日の日程で米国を極秘訪問したのは、両国で提起される韓米同盟の亀裂に対する懸念を払拭させるためと考えられる。今回の訪米は年次行事の定例安保協議(SCM)開催日と重なった。今年のSCMでは両国間の主要軍事懸案である戦時作戦統制権と防衛費分担金に関する議論が核心議題だった。

    昨年9月から進められてきた韓米防衛費分担金交渉は1年以上も成果なく駆け引きが続き、戦作権転換の時期と条件をめぐる韓米軍当局の神経戦はまた激しくなる状況だ。戦作権と防衛費交渉によるさらなる同盟亀裂を防ぎ、最高位級の協議を通じて解決に進もうという意図があると分析される。徐室長が、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が先月の国連総会演説で提案した「韓半島終戦宣言」について説明し、協調を求めるという見方もある。

    韓国国家戦略研究院の申範チョル(シン・ボムチョル)外交安保センター長は「今は韓米間の見解の違いがいつよりも克明になっている状況」とし「防衛費分担金など主な懸案に対する米国の誤解を先に解く必要性を感じたとみている」と述べた。続いて「個別観光など政府が推進する独自の対北事業のためにも、まずは米国を説得する必要がある」と強調した。

    ◆「戦作権の早期転換」vs「時間かかる」

    この日、米国防総省で開催された第52回SCMで、両国防長官は戦作権の転換をめぐる見解の違いを公開的に表した。徐旭国防長官は会議冒頭の発言で「戦作権転換の条件を早期に具備し、韓国軍主導の連合防衛体制を確実に準備することに共に努力する」と明らかにした。「戦作権転換条件の早期具備」に傍点を打ったのだ。エスパー米国防長官は「戦作権転換のためのすべての条件を完全に満たすのは時間がかかる」と述べた。期間に拘束されず転換条件を満たすことに焦点を合わせるべきという意味と受け止められる。

    文大統領は「任期内の戦作権転換推進」を大統領選挙公約として掲げた。軍内部では文在寅政権の任期が満了する2022年5月を事実上の戦作権転換期間と設定している。しかし新型コロナ事態のため今年施行する計画だった戦作権転換第2段階の検証評価は来年に延期された。全体的な戦作権転換日程の修正も避けられない状況だ。

    この日、両長官は会議直後に開く予定だった共同記者会見を事前公示なく取り消した。一部では戦作権転換をめぐる隔たりに米国が記者会見取り消しで不満を表したという解釈が出ている。韓国国防部は「米国側の事情で了解を求めて決まった」と説明した。

    ◆中国牽制参加圧力続く

    エスパー長官はSCMで防衛費分担金の早期妥結に改めて圧力を加えた。エスパー長官は冒頭発言で、米国納税者が不公平な待遇を受けてはならず、朝鮮半島での米軍の安定的な駐留を保障するために速やかな合意が必要だ、と強調した。トランプ大統領が非公式的な席で「在韓米軍撤収」に何度か言及したと伝えられている中で、エスパー長官が在韓米軍の駐留と防衛費を結びつけるような発言をしたのだ。トランプ政権は今年の韓国の防衛費分担金を前年比で50%増やすよう要求している。韓国は13%引き上げ案を提示した状態だ。この日の共同声明も例年とは違い、在韓米軍を現水準で維持するという内容が抜け、米国が防衛費交渉と在韓米軍の規模を連係するのではという疑問が強まった。

    来月の米大統領選挙で誰が当選しようと、防衛費分担金交渉に対する米国の基調は大きく変わらない見通しだ。解決すべき懸案も多い。米国は対中戦略の一つ、「クアッド(インド太平洋地域安保協議体)プラス」と、まだ概念的レベルの経済繁栄ネットワーク(EPN)への韓国の参加を要求している。韓東大の朴元坤(パク・ウォンゴン)国際地域学教授は「米国はいま韓国の選択を待っている」とし「米大統領選でどのような結果が出ても、米国と中国のうちどちらか一方を選択する時点になったのは明らかだ」と述べた。

    ⓒ 中央日報/中央日報日本語版 2020.10.16 08:07
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/271244



    引用:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1602806084/


    【韓米の葛藤が危険レベル…共同声明から「在韓米軍維持」抜ける】の続きを読む

    このページのトップヘ