あーっ!こりゃKOREA

韓国のニュースを中心に送るまとめサイトです。 日本のこともたまに掲載します。

    反日




    韓国人は歴史に無知だからな!

    不用品回収業者の比較するなら!【エコノバ】


    面倒くさい3


    1: Felis silvestris catus ★ 2021/04/11(日) 14:37:11.80 ID:CAP_USER9

    https://anonymous-post.mobi/archives/7347


    日帝時代から韓国人にも上水道、下水道の衛生という概念が生まれ、この時から韓国の寿命が延びていった。

    乳児の死亡率も低くなった。

    日帝なりに、このようなことにたくさん神経を使った。

    日帝は悪いこともたくさんしたが、皇国植民地として未開なところを直したりもした。



    (略)



    引用:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/snsplus/1618119431/
    【『日本が朝鮮を植民地化して最初にした行動がこれ』が韓国ネット掲示板で話題に 韓国ネット「ハングルも日本が普及させた」】の続きを読む




    コイツら全員逮捕しろ()!

    不用品回収業者の比較するなら!【エコノバ】


    ウソップ4


    1: Felis silvestris catus ★ 2021/04/07(水) 07:13:39.11 ID:CAP_USER9

    https://www.recordchina.co.jp/b874478-s25-c30-d0194.html


    韓国・朝鮮ビズはこのほど、「議員も止められない家族の日本車愛」と題する記事を掲載した。

    記事は「韓国では最近、ソウル市長選や釜山市長選と関連して候補者を『親日派』に追いやり批判する戦いが繰り広げられているが、国会公職者倫理委員会が25日に公開した『2021年国会議員定期財産変動事項』の申告内訳を見ると、与党『共に民主党』所属の趙応天(チョ・ウンチョン)、洪貞敏(ホン・ジョンミン)、鄭一永(チョン・イルヨン)議員や、その家族3人が日本車を所有していることが明らかになった」と伝えている。

    さらに「議員らの『日本車愛』に与野党の差はなかった」とし、「保守系最大野党『国民の力』所属の李達坤(イ・ダルゴン)議員、丁慶姫(チョン・ギョンヒ)議員、郭尚道(クァク・サンド)議員とその家族計4人も日本車を所有していた」としている。

    一方で、韓国大統領府公職綱紀秘書官在職時にレクサス所有の事実が明らかになり物議を醸した野党『開かれた民主党』の崔康旭(チェ・ガンウク)代表は、今回の財産申告で当該車両を処分したと申告したという。崔代表は昨年3月25日、自身のFacebookに「韓国より日本の利益に便乗する集団を撲滅すること。それが私が選挙に臨む際に誓う最高の目標」と書き込み、同4月15日に行われた民主党比例代表候補として出馬して国会入りを果たしていた。

    これを受け、韓国のネット上では「一般国民には一着数千円のユニクロを買うなと言うのに、自分たちはレクサス?」「日本車に乗ることが問題ではない。文大統領と与党が反日をあおって日本製品不買運動をしておきながら、自分たちは日本車に乗ったり日本の株を買ったり不動産を持ったりしていることが問題」「『国民の力』は不買運動をしてないから日本車持っていても問題ない。外見と内面が異なる『共に民主党』が問題」と不満げな声が上がっている。また「日本の右翼は韓国が嫌いだけど韓国ドラマは見る。韓国の与党は日本が嫌いだけどレクサスは好き」と皮肉交じりの声も見られた。(翻訳・編集/松村)



    引用:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1617747219/


    【韓国議員の「日本車愛」は止められない? 韓国ネット「反日をあおって日本製品不買運動をしておきながら、自分たちは日本車に乗ったり…】の続きを読む



    陛下に対してドタキャンだと?
    ってでも来いよ()!


    不用品回収業者の比較するなら!【エコノバ】


    クズが



    1: Felis silvestris catus ★ 2021/04/06(火) 18:15:02.49 ID:CAP_USER9

    https://anonymous-post.mobi/archives/7209
    今週、予定されていた韓国の姜昌一駐日大使が、天皇陛下に面会する日程が急きょ延期されたことが分かりました。姜大使が足を痛めたことが理由とみられます。

    韓国の姜昌一駐日大使は、8日に天皇陛下に面会し、新しく赴任した大使が母国からの信任状を手渡す信任状捧呈式が行われる予定でした。

    しかし、複数の関係者によりますと、信任状捧呈式が5日になって急きょ延期されたということです。延期は韓国側からの申し入れによるもので、姜大使が足を痛めたことが理由とみられています。

    信任状捧呈式の直前での延期は異例のことです。

    日テレNEWS24 2021.04.05 20:33
    https://www.news24.jp/nnn/news919inv5mvg4e7dihqv.html



    (略)



    引用:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/snsplus/1617700502/


    【韓国駐日大使、天皇陛下との謁見をドタキャン 「足を痛めた」 ネット「日王の面会を延期させてやった!アピールだろ」「無期限で延期な」】の続きを読む




    誤読というよりワザとだろ()!

    不用品回収業者の比較するなら!【エコノバ】


    嘘つき3



    1: Felis silvestris catus ★ 2021/04/05(月) 18:03:33.83 ID:CAP_USER9

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8fa0f5b7de21283459a01870d06b54d33d4cd56d
    同僚の日本史専門教授による批判

    論文批判が続いているが

     ハーバード大学のマーク・ラムザイヤー教授による「慰安婦」の論文は、韓国のみならず米国の学者からも批判をされている。真っ先に批判したのは、彼の同僚である。しかし、公文書研究の第一人者である有馬哲夫・早稲田大学教授によれば、その批判内容を詳細に検討すると、文献の誤読ではないかと思われるところが多々あるのだという。以下、2回にわたって有馬氏によるラムザイヤー論文問題の検証、今回は批判のきっかけとなった同僚教授らの主張についての考察をお届けする。

     ***

     ハーバード大学ロースクール教授マーク・ラムザイヤー氏が学術論文「太平洋戦争における性契約」(以下、ラムザイヤー論文とする)を書いたことで、強い批判を浴び続けている。教授は現在、さまざまな批判をしてくる欧米の学者に対して、日本人でも理解するのが難しい昭和前半の専門用語だらけの公文書を日本語に翻訳しながらの弁明を強いられている。

     論文への批判や撤回要求声明を読むと、そのほとんどが同じスタンスと知見を踏まえていることがわかる。つまり、ラムザイヤー論文批判は、数こそ多いが、実は同じスタンスで同じ情報に基づいて書かれているものが多い。

     そして、とくに指摘しておかなければいけないことは、批判者の多くはラムザイヤー論文によって、内容が根底から覆される著書や論文(強制連行説とか性奴隷説に基づいた)を書いた人物だということだ。

     本稿では、こういった人たちの代表例を見ていこう。

     ラムザイヤー論文に対して初期段階で批判を始めたのは、驚いたことに、ラムザイヤー教授のハーバード大学ライシャワーセンターにおける同僚の日本史専門アンドルー・ゴードン教授と東アジア言語文化専門のカーター・エッカート教授だった。
    外務省の削除要請に強い反対の過去

     この2人は共同声明として「ハーバード大学歴史学部教授アンドルー・ゴードンと東アジア言語文化学部カーター・エッカートによる声明」“Statement by Andrew Gordon, Professor, Department of History Carter Eckert, Professor, Department of East Asian Languages and Civilizations, Harvard University”を今年の2月17日に発表している。

     同じセンターに属する日本と韓国の専門家がやはり日本の専門家のラムザイヤー教授の論文を批判する声明を世界に向かって発信したのだ。これは極めて異例なことだと言えるだろう。これが韓国メディアに伝わって、この騒ぎが始まっている。

     学問の世界で、論文への批判・検証は行われて当然だが、同僚の批判声明を世界に向けて出した例を私は知らない。

     なぜこのような行動をとったのか、ゴードン教授に関しては過去の言動からよくわかる。かつて日本の外務省が米マグロウヒル社の歴史教科書(アメリカの高校生向け)の慰安婦についての記述の削除を求めたことがあった。このとき、極めて強い反対声明を出したのがゴードン教授である。

     その教科書には、次のような記述があった。

    「日本軍は14~20歳の女性を、20万人も強制的に徴用し、軍属させ、『慰安所』と呼ぶ軍の売春宿で働かせた」

    「日本軍はその活動を隠ぺいするため、多数の慰安婦を虐殺した」

     ここで述べているのは、現在では否定されている「慰安婦20万人説」「慰安婦強制連行説」「慰安婦性奴隷説」「朝鮮人慰安婦虐殺説」である。いずれもそれを示す証拠は現在に至るまで提示されていないからだ。アメリカの同盟国である日本の公式見解も、こうした説には根拠がないというものだ。

     こうした見方、説を否定するラムザイヤー論文が認められることは、彼の歴史家としての地位を危うくするということだろうか。今回の声明の文面はかなり感情的で、内容には学者らしくない一方的決めつけが多いように見える(全文は次のURLで読むことができるhttps://perma.cc/8ZHY-RD5C)。しかし、ここでの主張が一種の「元ネタ」となり、その後の批判者たちはこれらを根拠としているようだ。
    次ページは:騙されることは想定されていない? 

    (略)



    引用:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1617613413/


    【ラムザイヤー教授「慰安婦=売春婦論文」を批判するハーバード大学教授は、文献を読めていないのではないか】の続きを読む




    対立というより、
    韓国の一方的な言い掛かりだろ()!


    不用品回収業者の比較するなら!【エコノバ】


    バカか?3



    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2021/04/06(火) 09:37:38.85 ID:CAP_USER

    ┃『日本大衆文化開放』の後、2002年にNAVERで開設
    ┃機械翻訳を通じて韓日ネチズンで文化交流
    ┃歴史・文化など、国家対立の場が変質・・・『オンライン韓日戦』
    ┃『専門家』、「認識の違いがあっても文化開放後に韓日関係が好転」

    (キャプチャー)
    https://cphoto.asiae.co.kr/listimglink/1/2021040515021666117_1617602536.jpg
    ▲ 去る2005年の『enjoy JAPAN(enjoy KOREA)』の時事ニュース掲示板。
    _______________________________________________________

    独島(トクド=竹島)を自国の領土と規定した日本の歴史教科書などをめぐる韓日の対立が深刻化しながら、オンライン空間でも両国のネチズン間の亀裂が深まっている。一部では日本の『文化侵奪』に対抗して、韓国文化を保護する運動を推進すべきだという主張も出ている。

    このような両国の動きが、韓国の『日本大衆文化開放』後の初期の様子と似ているという見かたがある。インターネット文化があまり発達していなかった当時、両国のネチズンは『enjoy JAPAN(インヂョイヂェペン)などの文化交流ホームページを通じて情報を共有したが、この当時、歴史や政治、文化などの国家的自尊心がかかった多くの事案をめぐり、いわゆる『オンライン韓日戦』が起きたのである。

    ■ 歴史・領土から文化の対立に

    先月30日(現地時間)、『共同通信』などのメディアの報道を総合すれば、日本政府はこの日、『独島は日本領土』という記述が含まれた高等学校1年の社会科目教科書約30種余りを検定で通過させた。 これに先立ち日本政府は去る2018年3月、独島と尖閣諸島(中国名=釣魚島)に対する領有権の主張を盛り込んだ学習指導要領を告示している。これに従い、2022年から改編される一部の日本の高等学校社会科目では、独島は日本の固有領土という内容が含まれる。

    このような事実が伝わった後、韓国国内のネチズンたちはオンラインコミュニティーやSNS(社会関係網サービス)などを通じて、日本に対して反感をあらわにした。これに先立ち、日本軍慰安婦被害者の賠償問題などをめぐって衝突を繰り返してきた日本政府が、露骨に歴史歪曲をしようとしているのではないかと言う主張だ。

    (写真)
    https://cphoto.asiae.co.kr/listimglink/1/2021040515031366121_1617602593.jpg
    ▲ 独島や離於島(イオド=蘇岩礁)、第7鉱区など含めたVANKの海洋領土を伝える広報ポスター。

    これについて、『サイバー外交使節団』を名乗る民間団体『VANK(パンク)』は、アメリカやイギリス、ヨーロッパなどに対し、『独島は韓国領土』という趣旨の内容を盛り込んだポスターを配布するキャンペーンを進行した。

    一部のネチズンは、日本の文化侵奪に対抗して積極的に対応すべきだと主張した。動画ストリーミングサイトの『Netflix(ネップリク)』に、旭日旗と見られる紋様を挿入した一部の日本のアニメーションや映像物などに対し、抗議したのである。実際に該当の映像物の配給を引き受けた韓国国内の会社は、問題の紋様を直接修正した。歴史・領土などをめぐる両国間の対立が、文化にも拡がっているのである。

    ■ 「良い日本文化を受け入れよう」・・・NAVER『enjoy JAPAN』を開設

    オンライン空間で起きるこのような両国ネチズンの対立は、過去の大衆文化開放後の様子と似ているという指摘が出ている。特に韓国国内にインターネットが普及して以降、NAVER(ネイボ)が開設した『enjoy JAPAN』のサービスが代表的である。

    ソース:アジア経済(韓国語)
    https://view.asiae.co.kr/article/2021040515150679733

    >>2につづく



    引用:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1617669458/


    【日韓オンライン対立のきっかけ、『enjoy JAPAN(enjoy KOREA)』をご存じですか?】の続きを読む

    このページのトップヘ