あーっ!こりゃKOREA

韓国のニュースを中心に送るまとめサイトです。 日本のこともたまに掲載します。

    委員長




    でもやれないだろ()!

    不用品回収業者の比較するなら!【エコノバ】


    何言ってんの4


    1: Felis silvestris catus ★ 2021/02/19(金) 17:56:44.13 ID:CAP_USER9

    http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/2021/02/18/news-86/
    『週刊金曜日』電子メディア部|2021年2月18日7:00AM

    今年は衆議院総選挙が確実に実施される。安倍晋三政権、続く菅義偉政権による「政治への信頼」を低下させる行為と、これまでのコロナ禍への対応などへの審判が下されるはずだ。私たちは政権交代を目撃するのかどうか。いや、それ以前に野党側の結束によって「政権選択選挙」という形になるかどうかも焦点だ。その鍵をにぎる1人、日本共産党を20年にわたって率いてきた志位和夫委員長(66歳)が単独インタビューに応じた。

    「今度の総選挙で新しい政権をつくる」と意欲を見せる志位和夫さん。(撮影/本田雅和)

    志位委員長は衆院解散・総選挙の可能性がいつかについて
    「時期を言うのはなかなか難しいですが、ワクチン接種が2月から始まったとして、かなりの期間かかるでしょう。国家的な大仕事で、自治体も医師会も大変です。コロナ対応とワクチン接種と二つの大きな仕事が続くわけです。普通に考えれば、そのような状況の時に解散すべきではないと思います」
    と分析する。

    そのうえで今度の総選挙の重要性を次のように強調した。
    「今度の総選挙で、野党が共闘して、政権交代を実現し、私たち野党で新しい政権をつくるために最大限の力を注ぎます」

    「一気に行く。一気にやらなくちゃ。私はやっぱり、今度の選挙で『政権交代を実現する』と野党が言わなかったら、野党の責任を果たせないと思う。次の次の総選挙ではなく、『今度の総選挙で勝って、新しい政権をつくる』。そう野党は言い切らないと」

    2月19日(金)発売の『週刊金曜日』では、野党連合政権を目指すにあたり、他の野党とどのように政権合意をつくるのかをはじめ、菅義偉政権の新型コロナ対策の問題点、東京オリパラ開催の可否など1時間半近い単独インタビューを掲載する。

    (『週刊金曜日』電子メディア部)

    【タグ】志位和夫|新型コロナ|日本共産党|総選挙|解散|野党共闘|野党連合政権



    引用:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1613725004/


    【志位和夫「政権交代、一気にやらなくちゃ」「私たち野党で新しい政権をつくる」】の続きを読む

    別に違法でも違憲でもない。
    学問の自由は阻害しないぞ()!



    雄山7








    1: クロ ★ 2020/10/01(木) 20:58:47.52 ID:CAP_USER9

     共産党の志位和夫委員長は1日の記者会見で、日本学術会議が新会員として推薦した105人のうち、任命権者の菅義偉首相が6人の任命を拒否したと指摘した。同党の機関紙「しんぶん赤旗」が報じたもので、現行制度ができた2004年以降、日本学術会議が推薦した候補が任命されなかったのは初めて。

     日本学術会議法は、会議が候補者を推薦して、首相が任命すると定めている。志位氏は会見で「今回の任命拒否は日本学術会議法に反する違法なもので、憲法23条の学問の自由を脅かす違憲行為だ」と撤回を要求。立憲民主党の安住淳国対委員長も記者団に「法案に対する賛否を(任命の)参考にするような、政治的意図を持っていたとすれば看過できない」と批判した。

     任命を拒否された6人のうち、小沢隆一東京慈恵会医科大教授、岡田正則早大院教授、松宮孝明立命大院教授の3氏は連名で「任命拒否の撤回に向けて、学術会議の総力を挙げてあたることを求める」との共同声明を発表した。

    時事通信社
    2020年10月01日19時03分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020100100929&g=pol



    引用:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1601553527/ 【【共産・志井委員長】菅首相任命拒否 「憲法23条の学問の自由を脅かす違憲行為だ」撤回を要求】の続きを読む




    国民が射殺されたのに絶賛って()!

    属国1









    1: 動物園φ ★ 2020/09/26(土) 18:19:34.91 ID:CAP_USER

    ユ・シミン盧武鉉財団理事長は25日、YouTubeの生中継をしている途中でキム・ジョンウンが青瓦台に通知を送ったというニュースが伝えられると、
    「私たちが望んでいたことが一定部分進展したという点でよいニュース」としキム委員長を「啓蒙君主だ」とした。

    一緒に出演したチョン・セヒョン民主平和統一諮問会議の首席副議長は、「度量が大きい側面がある」とした。
    ユ理事長とチョン首席副議長は二人ともムン・ジェイン大統領に近い親ムン勢力だ。

    https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=023&aid=0003564856&date=20200926&type=1&rankingSeq=1&rankingSectionId=100

    啓蒙:無知の人を啓発して正しい知識に導くこと

    共感 250
    非共感 44075



    引用:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1601111974/


    【【韓国】親文派の大物2人が謝罪した金正恩を絶賛「度量が大きい」「啓蒙君主だ」 ネチズン発狂】の続きを読む



    文在寅にとって国民の命より、
    金正恩の手紙の方が重要だからだろ()!


    知ってた4








    1: 新種のホケモン ★ 2020/09/26(土) 17:10:24.41 ID:CAP_USER

    テ議員はこの日の午前 国会で開かれた“北朝鮮によるわが国民の射殺・火刑・蛮行の真相調査タスクフォース会議”で「米国では黒人が公務執行中の警察から被害を受ければ“Black Lives Matter”という運動が全国で起こる」と語った。

    つづけて「大統領をも弾劾したという、このような民主化の市民意識をもった国民たちが、なぜ自国民が北朝鮮の銃口の前に死んだのに“Korean Lives Matter”という運動をしないのか」とし「我々はなぜ、このように北朝鮮の前では『意気地がなく』、なぜこのように我々は『弱い』のか」と問いただした。

    テ議員は「北朝鮮との関係で“平和”は重要だが、最も重要なのは、我々の“国民の生命”だ」とし「この生命が銃口の前で射殺された」と語った。

    またテ議員は、自国の公務員が北朝鮮により銃殺されたのに「北朝鮮からの手紙一枚で『本当によかった、恐縮だ』という雰囲気となっている」と皮肉った。

    WoW!Korea 9/26(土) 12:33
    Copyrights(C) News1 wowkorea.jp
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9b2825a1a318f1184a59bed6dbab1399381912fb

    ※前スレ
    【韓国議員】米国の“黒人人権運動”のように「なぜ『韓国人の生命も大切だ』という運動は起こらないのか」★2 [09/26] [新種のホケモン★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1601100813/



    引用:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1601107824/


    【【韓国議員】米国の“黒人人権運動”のように「なぜ『韓国人の生命も大切だ』という運動は起こらないのか」★3】の続きを読む


    それこそ関係ないだろ()!


    何言ってんの1



    カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
    ★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】



    1: Felis silvestris catus ★ 2020/07/21(火) 18:19:45.89 ID:CAP_USER9

    https://sn-jp.com/archives/3873
    志位和夫議員のツイート

    感染対策よりも「君が代」斉唱を優先させるとは、何という反教育的な愚行だろうか。

    (略)



    引用:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1595323185/


    【志位和夫「感染対策よりも「君が代」斉唱を優先…反教育的な愚行」 ネット「貴方はコロナがあろうがなかろうが…」】の続きを読む

    このページのトップヘ