あーっ!こりゃKOREA

韓国のニュースを中心に送るまとめサイトです。 日本のこともたまに掲載します。

    愛知県



    われてるって…
    コイツみたいなものか(笑)?



    リコール



    カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
    ★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】



    1: アブナイおっさん ★ 2020/07/18(土) 22:00:07.65 ID:1h9ZPWva9

    元衆院議員でタレントの杉村太蔵が18日に放送された読売テレビ「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」に出演し、
    自民党の石破茂元幹事長について「嫌いですね~。大っ嫌い」と本音を漏らした。

    番組では「ポスト安倍」について論議。
    杉村は「とにかく人望がない。舛添さんの人望のなさの比じゃないくらいない。まだ舛添さんの方が5倍くらいある」と力説した。

    共演した舛添要一前東京都知事も
    「私も人望ないが、オレ以上に人望がない。飯食ってて、うまくない。まだ安倍さんと食べてるほうがおいしい」と話した。
    その理由について「党内で人気がないのよ」と説明した。

    杉村は
    「いいアイデアが浮かんで持っていくじゃないですか。総理は『いいな。幹事長にも言ってくれ』と言うんですが、
    石破さんは『ダメ。帰りなさい』だけ」とエピソードを披露。

    舛添氏もノリノリで
    「その前に『杉村君ね。あなたそういうこと言ってるからだめなんですよ』って。こんなんなんですよ」と口まね。

    杉村
    も「分かる!『あなた、教えたでしょ。イージス艦はね、2000億よ』って。似てないけど」とまねをした。
    その上で「人として嫌だけど実力があるのは舛添さん」と話した。

    舛添氏は
    「オレよりケチだよ、あいつの方が」と石破氏と自身を比べ「国民に人気があるが、党内では全然」とした。

    https://cdn.mainichi.jp/vol1/2020/02/24/20200224k0000m010007000p/8.jpg?1
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c6adb799ebc1cd9c06e5214231aa7c70669e6907

    関連スレ
    石破茂の総理は無理 「怖く暗い、めいってしまいそう」 「まるで評論家、自民支持層から人気が足りず、鳩山由紀夫を彷彿」
    https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1594780785/
    「石破総理」誕生が無理な理由
    https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1594730740/



    引用:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1595077207/


    【杉村太蔵、石破茂は「嫌いですね~。大っ嫌い」「とにかく人望がない。舛添さんの人望のなさの比じゃないくらいない」】の続きを読む



    大村よ、問題はお前なんだよ()!

    お前だ3



    完全自動で勝率97.18%!究極のトレードシステム


    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2020/02/05(水) 18:09:48.20 ID:CAP_USER

    愛知県の大村秀章知事は4日、2019年に開かれた国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の企画展一時中止を受け、22年の次回開催に向けた新組織体制案を発表した。名古屋市の河村たかし市長が県の姿勢を批判し、次回開催の負担金を20年度予算案に計上しない考えを3日示したことに触れ、次回の市の参加は「芸術祭が開けないと困るので慎重に考えている」と述べた。

    芸術祭は県や市などでつくる実行委員会の主催だが、河村市長は展示内容や企画展中止・再開などの対応を事前に知らされず「県の独断だ」と批判、19年度の負担金も一部支払いを留保している。大村知事は「河村市長の名が出ると多くの海外作家が参加を見送り、芸術祭ができない可能性がある」と述べた。

     新組織案は一時中止の混乱を踏まえた対応で、知事が務めてきた実行委員会会長に民間人を起用するなど、県の第三者機関が19年12月に出した提言を追認する内容。4月に準備協議会、7月に組織委員会を発足させ、10月に芸術監督を選任する方針。【竹田直人】

    https://mainichi.jp/articles/20200204/k00/00m/040/276000c
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200204-00000087-mai-soci
    毎日新聞 2020年2月4日 22時28分(最終更新 2月4日 22時29分)

    関連
    【朝日新聞】芸術祭、引き際示す名古屋市 河村市長 次回(2022年)に向けた市の負担金を20年度当初予算案に計上しない[2/3]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1580734175/



    引用:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1580893788/


    【【愛知県・大村秀章知事】「名古屋・河村市長の名が出ると芸術祭できない」次回トリエンナーレ体制案発表(毎日新聞)】の続きを読む

    穏健な保守って、お前のいた竹下派のことか?
    奴等こそ、金の亡者だったけどな()!

    訴えてやる3


    浮気不倫調査はUG探偵事務所


    1: 蚯蚓φ ★ 2019/12/25(水) 11:34:40.31 ID:CAP_USER

    https://dimg.donga.com/wps/NEWS/IMAGE/2019/12/25/98954336.1.jpg

    日本の与党自民党の5選議員だった大村秀章(59・写真)愛知県知事が24日、朝日新聞とのインタビューで今の日本社会について「様々な人を包容する穏健な保守が崩れた。分断社会になってしまった」と診断した。

    彼は2011年、自民党を離党して地域政党「ニホニチアイチノカイ(日本一愛知の会)」を作って会長に就任した。その年、愛知県知事に選出され、今まで3選している。彼は今年、平和の少女像が展示された「愛知トリエンナーレ2019」企画展に右翼のテロ脅迫が続くとすぐに一時中断し、その後再開を決めた。

    日本政府が愛知トリエンナーレに補助金を交付しないと決めるとすぐに文化庁にこれの申請を出した。大村知事は「『日本が戦争に進んでいる』という話を聞くたびに『日本は成熟した民主主義国家だ』と考えたが、今回の(企画展)の件を通じて初めて日本は危険な国家、危険な社会にますます進んでいると感じた」と打ち明けた。

    彼は「極端な立場にある人々が互いに徹底して誹謗、攻撃し、自分の支持層を広げようとしている」と話した。日本の政治に対しても苦言を呈した。大村知事は「相手に勝つためには嘘までつきながら、恥を知らない空気が広がりつつある。もし政治家が公然とそのようにすれば権力者の言いなりになる市民も出てくるかもしれない。非常に危険だ”と話した。

    彼は自民党時代の経験に基づいた日本のイメージを問う質問に「社会に厚い中間層、穏健な保守層があった。彼らが左と右を含む様々な立場の人々を包容するイメージ」と答えた。引き続き「(日本政治の一番地である)ナガタで本当に権力闘争は理念でなく、その時その時の多数を掌握した者が権力を作り出す側面がある」と憂慮した。

    東京=パク・ヒョンジュン特派員

    ソース:東亜日報(韓国語)“日、穏健な保守崩壊…ますます危険な国家で”
    http://www.donga.com/news/Inter/article/all/20191225/98954337/1



    引用: 【【大村秀章】 「日本、穏健な保守の崩壊…ますます危険な国家へ」~「平和の少女像」展示の愛知県知事】の続きを読む





    「日本が悪い=表現の自由」「韓国が悪い=ヘイト」
    大村の脳内はこういうことか()!

    ふざけるな1


    1: 鴉 ★ 2019/10/30(水) 21:37:52.28 ID:CAP_USER

    写真
    https://www.zakzak.co.jp/images/news/190930/pol1909300005-p1.jpg

     2つの“芸術祭”を巡って「表現の自由」論争が再燃した。29日、大村秀章愛知県知事(59)は27日に同県の施設「ウィルあいち」(名古屋市東区)で開催された「芸術祭 あいちトリカエナハーレ2019『表現の自由展』」について「内容からして明確にヘイトにあたると言わざるを得ない」と発言、法的措置を考えていることを明らかにした。

    「あいちトリカエナハーレ」は政治団体「日本第一党」の党首・桜井誠氏(47)が企画。タイトルは愛知県で開催された国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」を意識したものだ。

     あいちトリエンナーレの企画展「表現の不自由展・その後」では慰安婦問題を象徴する「平和の少女像」、昭和天皇とみられる人物を含む肖像画が燃える映像「遠近を抱えて」などを展示。芸術なのか? 芸術作品なら許されるのか? 公金投入の是非など大きな議論を巻き起こった。

     桜井氏は「あいちトリカエナハーレ」開催にあたり「あいちトリエンナーレ2019でも議論となった表現の自由につきまして、改めて私共から問題提起を致し皆様に考えて頂きたいと思っております」と呼びかけ、ベトナム戦争時の韓国軍兵士の蛮行を表現する「ライダイハン像」、不自由と大きく書かれたバッグ、「ルンルン楽しい日韓断交」「犯罪者はいつも朝鮮人」と書かれた「かるた100連発」などを展示した。

     大村知事に「あいちトリカエナハーレ」はヘイトと認定された桜井氏は、同日夜にユーチューブの公式チャンネルで「重大な名誉毀損。これから先もトリカエナハーレを展開しようとしていたところで、あのような発言をされて我々の芸術活動が妨害された」と反発。「愛知県知事、大村を相手どって法的措置を取ります。検討じゃないです。直ちに行うよう、指示を出しました」と法的措置の手続きに入ったことを明かした。

     桜井氏は「私はチマチョゴリを着てライダイハンの説明をしただけで、ヘイトなんて全くやっていない」「かるたは売っている物。それがヘイトというのは検閲じゃないですか」と説明。表現の不自由展の再開での大村知事の「表現の自由は守られなければいけない」発言を争点にする意向だ。

     ネットでは2つの芸術祭について「表現の自由ならOK」「どちらもヘイト」「大村知事はダブルスタンダート」など様々な意見が出ている。

     芸術祭での大村知事の対応に反発してきた、明治天皇のやしゃごで作家の竹田恒泰氏(44)は自身のツイッターを更新。大村知事が「明確にヘイト」とした記事を引用し、「大村知事よ、お前がいうな!」とつぶやいた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191030-00000000-tospoweb-ent



    引用:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1572439072/


    【【表現の自由】愛知知事・大村秀章の「明確にヘイトにあたると言わざるを得ない」発言に「お前がいうな!」「ダブスタ」の声】の続きを読む





    大村よ!「表現の自由」を守れよ()!



    知ってた3


    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/10/29(火) 21:31:57.93 ID:CAP_USER

    https://i.imgur.com/GM6vX0c.jpg
    https://i.imgur.com/vwUUwxT.jpg

    “表現の自由”をめぐって大混乱が生じた「あいちトリエンナーレ2019」。騒動が収まらないなかで今度は「あいちトリカエナハーレ2019『表現の自由展』」が開催され、新たな論争を巻き起こしている。

    「トリエンナーレ」で問題視されたのは、「表現の不自由展・その後」における展示内容だ。元従軍慰安婦を象徴する少女像や、昭和天皇らしき人物の肖像を燃やす映像作品などに抗議が殺到し、一時展示中止へと至った。さらに、文化庁が当初交付予定だった補助金約7800万円の“全額不交付”を決定し、あいちトリエンナーレ実行委員会会長を務める大村秀章愛知県知事が反発するなど騒動が拡大。10月8日には「表現の不自由展・その後」が展示再開を迎え、再び注目を浴びたことも記憶に新しい。

     一方、10月27日に開催されたのが、ある政治団体が主催した「表現の自由展」だ。“日本人のための芸術祭”と題して企画された展示で、「犯罪はいつも朝鮮人」と書かれたカルタなどがあったという。また、ヘイトスピーチに反対する市民団体が会場施設に中止を申し入れたとも報じられている。

     29日の定例会見で大村知事は「表現の自由展」の展示内容について、「報告でしか聞いていない」と前置きしつつ、「明確にヘイトに当たるのではないかと思います。その時点で中止を指示すべきだった」と明言。また「今後どういうふうに毅然と対応していくか検証して、きちんと対応していかなければならない」とコメントし、法的手段を講じられるのかも含めて検討していく考えを示した。

    「表現の自由展」についてネット上では賛否両論が巻き起こっており、否定派からは「ヘイトスピーチだと指摘されるような内容で“日本人のため”なんて言わないで」「企画意図は理解できても芸術としては受け入れられない」などの声がある。

     対して擁護派からは「表現の自由を行使した芸術なのに、なぜ問題視されるのか」「これはトリエンナーレに対するパロディであり芸術のひとつだと思う」といった反応が見られる。また、「トリエンナーレで表現の自由を強調した大村知事が、今度はヘイトだと言う。それは芸術に対するダブルスタンダードでは?」「不自由展の内容が表現の自由を認められたのに、トリカエナハーレが批判されるのはおかしい」という意見も上がっている。

     2つの展示会が巻き起こした“表現の自由”論争は、今後の芸術界にどのような影響を及ぼすのだろうか。

    (文=編集部)

    https://biz-journal.jp/2019/10/post_125746.html
    BJ 2019.10.29



    引用:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1572352317/


    【【愛知・大村知事】表現の自由めぐる二枚舌が物議…トリカエに「中止すべき」トリエンと真逆 「犬は食いたし金は無し」】の続きを読む

    このページのトップヘ