あーっ!こりゃKOREA

韓国のニュースを中心に送るまとめサイトです。 日本のこともたまに掲載します。

    日韓




    もうターニングポイントは
    とっくにえているぞ()!


    もう遅い7



    浮気不倫調査はUG探偵事務所




    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/12/30(月) 10:47:27.80 ID:CAP_USER

    (写真)
    https://file.mk.co.kr/meet/neds/2019/12/image_readtop_2019_1094163_15776319624031376.jpg
    ▲ 延世大学校・国際学大学院ソン・ヨル教授
    ____________________________________________________________

    2019年に韓国の外交が受けた最大の事故は、韓日の対立であると言える。大法院(最高裁)の強制動員判決という歴史問題が輸出規制やGSOMIAの終了宣言など、経済と安保の分野に飛び火した予期せぬ事態だった。収拾するために、去る24日に韓日中首脳会議の場を借りて、辛うじて韓日首脳会談が開かれた。会っただけでも成果だと言われるほど、悪化した韓日関係は新年に回復できるのだろうか。

    これまでの経緯を考えてみよう。韓日関係の破裂音は昨年の秋、慰安婦合意によって設立された和解治癒財団の解体決定に続き、徴用判決が始まりだった。

    日本の安倍晋三政権は、韓国に報復するという意図で手荒な圧力をかけた。大法院の判決について、「暴挙であり国際秩序に対する挑戦である」とし、攻勢をかけた。今年に入り、1965年の請求権協定に基づく外交協議と仲裁を順番に要求した後、7月1日に輸出規制を発表して報復の刃を抜いた。数回の破裂音が轟音に発展すると、文在寅(ムン・ジェイン)政権も予想を上回るのレベルの対抗をした。輸出規制を経済侵略であると定め、政府与党が共に糾弾に乗り出した一方、8月22日にGSOMIAの終了宣言というちょー強気の姿勢を見せた。安保問題で米国の介入を誘導し、日本に圧力をかけるという意図だった。政府は国民レベルの不買運動で日本に経済的打撃を与え、反日攻勢で経済侵略を防いで自立の道を開いたと考えている。

    日本がとった輸出規制が実質的な禁輸で繋がったという7月、当時の懸念と予測がはずれたのは韓国の抵抗と対応措置ではなく、経済報復が持っている矛盾だった。安倍政権は文在寅政権に国際法秩序違反の状態を解消せよと主張しながらも、いざ自身は徴用判決のような政治問題に対する報復として輸出規制を加え、政経分離の国際規範を損ねる矛盾した行動を見せた。その後、世界貿易機構(WTO)の貿易規定に違反していないことを誤魔化すため、日本政府は個別輸出許可申請に対する審査を通じて許可の道を開き、貿易の不確実性が大幅に減少した。

    文在寅政権も、輸出規制に対する対応としてGSOMIA終了という安保問題を仕掛けたが、結局はGSOMIA終了の猶予を宣言することとなった。日本に対する圧力成功の結果ではなく、GSOMIAをインド・太平洋戦略の要と考えている米国の強い懸念表明のためだった。輸出規制とGSOMIAは韓日両国のことではなく、国際秩序に関わる問題として両政府の行動を制約していただけに、対立解消のための政府間協議も特に難しいことではない。来年、大幅な進展を予想することができる。

    問題は強制動員判決に対する解決策である。国際法違反の状況を是正するレベルで韓国側が解決策を提示せよという安倍首相の要求に対し、果たして文在寅大統領は応じることができるのだろうか。

    以前の慰安婦合意で見られたように、歴史問題は利害関係者と国民の理解と同意を基礎としない限り、政府間の合意では解消できない。だが状況は暗い。

    今回、韓日対立が招いた最悪の結果は政府だけではなく、民間レベルで両国間の信頼が危機的状態に陥ったことである。日本に不信感を抱いて敬遠する現象が蔓延する中、政府が被害者や強制動員支援団体などと合意して、日本と外交協議が可能な案をまとめるのは難しい。このような難関は首相や外交部長官ではなく、ただ大統領が率先して説得のリーダーシップに乗り出すことで乗り越えることができる。 2020年は文在寅政権5年、対日政策の成否を分ける分水嶺(ターニングポイント)になるだろう。

    ソース:毎日経済(韓国語)
    https://www.mk.co.kr/opinion/contributors/view/2019/12/1094163



    引用:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1577670447/


    【庚子の分水嶺(ターニングポイント)に立つ韓日関係】の続きを読む




    そりゃ当たり前だろう()!



    当たり前1




    浮気不倫調査はUG探偵事務所



    1: 鴉 ★ 2019/12/20(金) 18:52:06.40 ID:CAP_USER

    韓国に「親しみ感じない」人が急増で過去最多に!国民レベルでも“韓国スルー進行”も?
    改善のきっかけは…

    政府は20日、各国との外交に関する国民意識を把握するため毎年行っている「外交に関する世論調査」の結果を発表した。そこで浮かび上がってきたのは、国民意識においても日韓関係が過去最悪の状態であることだ。

    韓国への印象は過去最悪に

    まず現下の日韓関係について良好だと思うか思わないかという設問で、「良好だと思う」と答えた人は去年(30.4%)より22.9ポイント減り、7.5%と調査開始以来、過去最低となった。同様に「良好だと思わない」と回答した人は87.9%と9割近い結果となった。

    また、韓国に親しみを感じるか感じないかという問いでは、「親しみを感じる」と答えた人が、去年(39.4%)より12.7ポイント減って、26.7%と過去最低となり、「韓国に親しみを感じない」と答えた人は7割を超え(71.5%)、過去最多となった。

    ちょうど10年前の2009年の調査では、韓国に親しみを感じる人が63.1%、親しみを感じない人が34.2%だった。それがこの10年間で韓国への親しみの有無はすっかり逆転し、それ以上の不信を招いている格好で、まさに異常な事態と言えるだろう。


    「徴用工問題」などをめぐる韓国の抗議活動

    政府関係者は今回の結果を、いわゆる徴用工をめぐる問題など、日韓政府の対立を踏まえた結果として「粛々と受け止める」としている。日本政府としては「一貫した立場に基づき、韓国側に賢明な対応を求めていく姿勢に変わりない」と、問題解決のボールは韓国側にあるとのスタンスだ。

    アメリカ、ロシア、中国への印象は改善


    日米首脳会談
    韓国とは対照的に、他の国への印象については改善がみられた。

    米国については、去年の調査では、トランプ大統領による貿易をめぐる日本への厳しい発言などを受け、「日米関係が良いと思う」と答えた人が、前年比10ポイント以上減少していた。ところが、今年は5.9ポイント増え80.2%と従来の水準まで回復した。日米貿易協定が締結され、貿易面で日米間のトゲが抜けたことが背景にあると評価できるだろう。「アメリカに親しみを感じる」と答えた人も78.7%(前年比+3.2)と微増し、日米関係の改善が伺える。


    日露首脳会談
    ロシアついての問いでは、「親しみを感じる」と答えた人が20.8%(前年比+3.1)、また「日ロ関係が良いと思う」と答えた人が26.4%(前年比+4.2)と、いずれも微増し、日ロ関係の若干の改善が読み取れる。


    日中首脳会談(首相官邸HPより)
    中国についても、「親しみを感じる」と答えた人が22.7%(前年比+1.9)、また「日中関係が良いと思う」と答えた人が19.4%(前年比+1.1)と、これまたいずれも微増していて、日中政府間の関係改善が反映されていると言えそうだ。

    このように日本と米国・ロシア・中国については、諸懸案こそあるものの、いずれも国民意識の上では印象の改善が伺えた。そのため、今回の調査を通じて、韓国への印象の悪化が際立つこととなった。

    日韓関係の発展が「重要」だと思う人の割合は…

    このように日韓関係の悪化が反映された結果が出た一方、「日韓関係の発展が、両国や、アジア太平洋地域にとって重要だと思うか」との問いでは、去年(69.8%)より12.3ポイント減ったものの、57.5%と半数を超えた。悪化している日韓関係について、何とか改善を図っていくことが重要だと考える国民も多いということだ。政府関係者は、「課題を抱えているからこそ、日韓が交流し、国民感情を良くしていくことは重要だろう」と語る。

    また、今回の調査では、アメリカ、ロシア、中国、韓国、インドに対する印象を尋ねているが、男女別でみると、韓国だけが男性よりも女性の方が良い印象を抱いている(「親しみを感じる」男性22.3%・女性30.5%)。断定はできないが、韓国の音楽(K-POP)や美容(韓国コスメ)が、女性の韓国への好印象に寄与しているとみられる。こうした民間の交流が、両国の関係維持・改善に資する1つの要素だと言えそうだ。

    ただ日韓関係の発展が「重要だと思わない」と答えた人が去年の25.8%から37.7%へと大幅に増えたのも事実だ。与党内には、関係悪化の中でも韓国との交流自体は維持すべきだという意見の一方で、もう韓国のことは戦略的に無視すべきだという「韓国スルー」とも言える主張もある。韓国との関係発展が「重要だと思わない」という認識が国民レベルでもさらに拡大するなら、こうした「韓国スルー」論がさらに勢いを増す可能性もある。
    https://www.fnn.jp/posts/00049530HDK/201912201700_IsamuYamada_HDK



    引用:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1576835526/


    【「韓国との関係は重要ではない」日本人、国民レベルで韓国スルー進行か…さらに拡大の可能性も】の続きを読む





    決めるのはお前らじゃない、日本だ()!



    雄山7



    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/11/27(水) 09:00:04.12 ID:CAP_USER

    韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の条件付き延長決定をめぐる両国間の感情的な争いが続いている。
    GSOMIA延長をきっかけに韓国に対する日本の輸出規制が緩和されるという韓国政府の発表とは違い、日本はこれに否定的な立場を表している。

    青瓦台(チョンワデ、大統領府)は22日、GSOMIA終了猶予決定を発表し、「(輸出規制が)長期間続くのは許容できない」と警告した。

    毎日新聞は26日、日本政府関係者を引用し、「(韓国の) ホワイト国復帰まで数年かかる見通し」と報じた。
    GSOMIA問題と輸出規制を結びつけないという従来の立場を再確認した発言だ。
    https://japanese.joins.com/JArticle/259972?servcode=A00&sectcode=A10

    【輸出管理】日本「韓国、3つの条件クリアしなければホワイト国復帰ない…数年かかる」★3
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1574764274/



    引用:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1574812804/


    【日本「韓国、ホワイト国復帰に数年かかる」…青瓦台「長くは待てない」警告】の続きを読む






    >「我々が譲歩しているのに、日本は何も反応しない」と不満をぶちまけたという。

    お前らのどこが譲歩しているんだ()?


    あきらめろ11


    1: 荒波φ ★ 2019/11/15(金) 10:18:05.35 ID:CAP_USER

    日韓関係が悪化するなか、安倍晋三首相と韓国の文在寅大統領が言葉を交わした。「政治判断」で実現した11分間の会話だったが、事態は好転しなかった。 AERA 2019年11月18日号に掲載された記事を紹介する。

    *  *  *
     
    韓国が、今月23日午前0時をもって破棄すると通告していた日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の延長を巡り、もがいている。

    文在寅(ムンジェイン)大統領は11月4日、タイ・バンコク郊外で開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)首脳会議が開かれる前、控室にいた。文氏は、遅れて入場した安倍晋三首相に近づくや、そばにあったソファに誘った。2人は通訳を交え、11分間会話した。

    韓国大統領府は「会談は真摯な雰囲気だった」「文氏が高位級協議も可能と言及した」とアピールした。

    目を引いたのが通訳と写真だった。文氏も安倍氏も随行していたのは英語通訳。側近によれば、文氏が知っている日本語は「こんにちは」程度だ。会談では文氏が話す言葉を韓国側通訳が英語に直し、それを日本側通訳が日本語に直すという手順で行われた。

    日韓両政府関係者は「外交当局が事前に準備しなかった会談だからだ」と証言する。事前に接触があると予想していれば、お互いに日本語と韓国語通訳を随行させる。

    今回、安倍氏を待ち伏せしたのは文氏。韓国大統領府の政治判断で実現した会談であったことは間違いない。

    次に写真だ。白いソファに座り、膝詰めで話す2人の首脳。真剣な表情だが、穏やかな雰囲気が感じ取れた。

    写真は、随行していた鄭義溶(チョンウィヨン)韓国大統領府国家安保室長が携帯電話で撮影した。控室への入場者は制限されていたが、長官級の鄭氏が写真を撮影したのは、どうしてもこの写真をアピールしたかった意図が感じられる。

    事実、韓国メディアは一斉に翌日の朝刊で、会談を大きく報じた。特に、日本に厳しい論調を取る進歩系のハンギョレ新聞も「両国関係が転換点を迎えているという期待感も高まっている」と伝えた。

    複数の日韓関係筋は「文政権はGSOMIA延長の名分を探している」と証言する。文政権は従来、GSOMIA破棄の理由を日韓間の信頼関係が破壊されたからだとし、「日本が輸出管理規制措置の強化を撤回すれば、GSOMIA見直しも考える」としてきた。

    だが、日本は譲らず、米国政府からも憂慮の声が相次いだ。6日にはスティルウェル国務次官補がソウルで韓国政府当局者と相次ぎ会談し、GSOMIA延長を訴えた。韓国政府元高官は「米韓関係が悪化したら、北朝鮮の脅威に対抗できない」と危ぶむ。

    ただ、何もしないでGSOMIA延長を決めれば、文在寅政権の支持者が黙ってはいない。下手をすれば来春の総選挙で敗北する。破棄を決めた韓国政府関係者の責任問題も発生するだろう。

    日韓関係筋の一人によれば、文政権が探した名分は、文氏が4日に提案した「高位級協議」だったという。日本が受け入れれば、「輸出問題で、今後の日本の善処に期待するとして延長する」としたかったのではないか。

    だが、「大人の外交」を掲げる安倍政権には現在、「救命ブイを投げる雰囲気はない」(日韓関係筋)。6日、スティルウェル氏と会談した韓国大統領府の金鉉宗(キムヒョンジョン)国家安保室第2次長は、「我々が譲歩しているのに、日本は何も反応しない」と不満をぶちまけたという。

    今週にはエスパー米国防長官も米韓定例安保協議に出席するため、訪韓する。エスパー氏はGSOMIA延長に向け、最後の働きかけをするだろうが、厳しい展開が続きそうだ。

    このまま、韓国がGSOMIA破棄で突っ走れば、北東アジアの安全保障に重大な影響を及ぼす。米政府関係者の一人はそう語った。(朝日新聞編集委員・牧野愛博)

    ※AERA 2019年11月18日号 2019.11.15 08:00
    https://dot.asahi.com/aera/2019111300020.html?page=1
    https://dot.asahi.com/aera/2019111300020.html?page=2

    ★1の立った時間 2019/11/15(金) 08:36:20.48

    ★1
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1573774580/



    引用:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1573780685/


    【韓国に「救命ブイを投げない」日本  GSOMIA延長巡りもがく文政権】の続きを読む





    >4日にタイ・バンコクで行われた「11分歓談」が色あせるほどだ。

    あんなもん、何の役にも立ってないぞ()!


    飽きちゃった6



    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/11/11(月) 17:17:07.50 ID:CAP_USER

    韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)満了(22日0時)まで10日ほど残した中、韓日首脳が強硬な原則論を改めて確認した。

    ◆文大統領「GSOMIAに超党派的な声を」

    各党によると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日、5党代表の夕食会で「GSOMIAのような場合は原則的な問題」と述べた。また「特に日本の経済侵奪とGSOMIA問題については超党派的に協力する必要があるのではないだろうか。日本は声を一つにしているが、我々は別の声も出ている」とし「日本のように国益の前では超党派的に同じ声を出すのがよい」という趣旨の発言もしたという。

    これに先立ち安倍晋三首相は文藝春秋のインタビューで強制徴用問題に関し「国政を運営する政権として必ず守るべき基本は譲歩するつもりはない」と述べた。文大統領の発言は安倍首相のインタビュー内容がメディアなどで紹介された後に出てきた。

    ◆安倍首相、李洛淵首相の「請求権協定尊重」発言を利用して逆攻勢

    韓日関係でこのように文大統領は「原則」を、安倍首相は「政権の基本」を強調し、両国首脳間ではさらに退きにくい構図が固まる様相だ。4日にタイ・バンコクで行われた「11分歓談」が色あせるほどだ。安倍首相は文藝春秋のインタビューで「韓国が韓日請求権協定を守ると述べた。日本企業の資産の売却を実行することはないと考える」とも話した。

    これに先立ち先月訪日した李洛淵首相は安倍首相との単独会談など日本側との相次ぐ会談で「日本がそうであるように韓国も1965年の韓日基本関係条約と請求権協定を尊重して遵守してきたし、今後もそうする」と明らかにした。韓国大法院(最高裁)の強制徴用判決をめぐり日本が「韓国が国と国の条約の請求権協定を違反している」として世論戦を展開していることへの対応だった。ところが安倍首相は逆にこれを攻撃に利用した。

    ◆柔軟性提案に文大統領「徴用判決を尊重すべき」

    日本政府が現在差し押さえられている日本企業の資産の売却および現金化を一種のマジノ線に設定しているという事実は複数の経路で伝えられてきたが、安倍首相が自ら公開的に資産売却に言及しながら一線を画したのは事実上初めてだ。しかし文大統領は5党代表の夕食会で、徴用問題に柔軟性を発揮する必要があるという孫鶴圭(ソン・ハッキュ)正しい未来党代表の発言に対し「日本が(外交交渉に)まともに応じない。強制徴用は大法院の判決であり尊重しなければいけない」と婉曲に反対の意思を表した。

    文大統領は「被害者の立場も考えるべきではないのか」とも語った。強制徴用企業の責任を前提とした賠償があるべきだという政府の従来の立場を改めて確認した。

    ◆文大統領「韓国が日本の安全保障に役割」

    特に文大統領は「韓半島(朝鮮半島)自体が日本の安全保障に防波堤の役割をしている」とし「韓国が日米同盟に共に寄与しているのではないのか。韓国は日本の安全保障で役割をしている」という趣旨でも話したという。これは日本が安全保障上の懸念を理由に輸出規制措置を取ったことと、GSOMIA終了が韓日米の安保協力を阻害するという指摘に対する反論と考えられる。

    ◆韓日、お互い「ボールは相手側に」

    こうした最高指導者間の強い原則論表明に対し、外交関係者の間では両国が事実上GSOMIA終了後に備えているのではという見方も出ている。お互いボールは相手側にあると強調し、後に責任を転嫁しようとしているということだ。

    ただ、GSOMIAを回復させるための米国の圧力が変数だ。15日の第51回韓米定例安保協議(SCM)を主宰するためエスパー米国防長官の訪韓が予定されている。16日からタイ・バンコクで開催される東南アジア諸国連合(ASEAN)拡大国防相会議には韓日米の国防トップが出席する。3カ国の当局者間でGSOMIAに関連した議論が行われる機会はまだある。

    ◆エスパー米国防長官の訪韓などが変数

    一部では、バンコクでの文大統領と安倍首相の歓談で言及された両国間の高官級協議チャンネルやGSOMIA終了決定猶予など、GSOMIAの満了直前までさまざまな試みがあるという見方もある。

    https://s.japanese.joins.com/JArticle/259473
    ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.11 16:05

    https://i.imgur.com/VfacNVE.jpg
    文在寅大統領が10日晩、与野5党代表を青瓦台官邸で招請し、夕食会を開いた。[写真 青瓦台]



    引用:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1573460227/


    【文大統領の「原則」vs安倍首相の「基本」…GSOMIA終了後に対応か】の続きを読む

    このページのトップヘ