あーっ!こりゃKOREA

韓国のニュースを中心に送るまとめサイトです。 日本のこともたまに掲載します。

    NHK




    つまりNHKが捏造した…と()!

    不用品回収業者の比較するなら!【エコノバ】


    正気の沙汰4


    1: Felis silvestris catus ★ 2021/03/25(木) 17:56:51.69 ID:CAP_USER9

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8595e17805f4d292c09367a8e46a08ebde19b885
     24日、日本で「野球の聖地」と呼ばれる兵庫県西宮市内の甲子園球場。選抜高等学校野球大会(春に開催される甲子園大会)に初出場した韓国系の京都国際高校が延長戦の末、柴田高校(宮城県)に5-4で逆転勝ちした。甲子園の伝統に基づいて、相手チームが不動の姿勢で敬意を表する中、京都国際高校の韓国語の校歌が鳴り響いた。これより前の1回裏の攻撃が終わった後、全出場校の校歌を紹介する伝統に基づき、同校の校歌が初めて甲子園球場で歌われた。校歌は2回ともNHKを通じて日本全国に生放送された。

    ■「世界で最も住みやすい国」2020年版発表、韓国17位、日本は?

     三塁側スタンド席に座っていた約1500人の京都国際高校応援団は感激した表情で校歌が放送されるのを見守った。同校の王清一(ワン・チョンイル)元理事長は「韓国語の校歌が放送された時、流れる涙が止まらなかった」と言った。韓国の大学への入学を目指して勉強中だという3年生のクロカワ・アスカさんは「甲子園球場で校歌を聞けて、本当に気持ちが良かった」と笑った。京都国際高校は27日に2回戦に臨むが、この時も再び校歌が放送される。

     選手全員が日本国籍の京都国際高校は同日の試合で、6回まで2-0とリードされていたが、7回表の満塁のチャンスで3得点し、逆転に成功した。その後、柴田高校が1点を返して延長戦に突入したものの、10回に2点を入れて、5対4で勝利した。朴慶洙(パク・ギョンス)校長は「ほかの学校とは違い、グラウンドが小さくて外野練習は別の球場を借りてやってきた。このような状況でも甲子園に進出して1勝するなんて、本当にありがたい」と語った。

     京都国際高校は全生徒数が131人に過ぎない。このようなミニ学校が日本全国約4000校の野球部のうち、32チームしか出場できない選抜高校野球大会に、外国系の学校としては始めて出場した上、初勝利まで挙げたのだ。このため、100年近い歴史を持つ甲子園大会で、「驚異的な記録を立てた」という評価をされている。この試合を見るため、24日朝から在日僑胞(在日韓国人・韓国系在住者)たちは貸し切りバス20台に分乗して甲子園球場に集結した。大阪にある同じ韓国系学校の建国高校や金剛学園高校からも生徒が来て応援した。

     1947年に在日僑胞たちが建てた同校は、1990年代に深刻な経営難に陥った。生徒数が減ったため、学校を存続させるために1999年に創設したのが野球部だった。その時から野球に興味のある生徒が来始めた。2004年に日本の学校教育法第1条の適用を受ける学校に転換、今では韓国教育部と日本文部科学省の財政支援を受けている。日本の生徒が60%以上なので、事実上「韓日連合」の性格を持つ。当時理事長を務めた在日本大韓民国民団(民団)京都府地方本部のイ・ウギョン顧問(87)は「学校の性格を変えて日本の生徒を受け入れることにした時、『学校を売った』と批判された。我が校の卒業生や生徒たちが韓日関係を明るくするという考えを持つなら、それは正しい判断だった」と言った。


    (略)



    引用:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1616662611/


    【甲子園 NHKが京都国際高校の校歌の歌詞で「東の海」と放送 校長「そのような日本語字幕を送ったことはない」】の続きを読む



    >「自民党」が35.6%、「立憲民主党」が4.5%

    あと一歩だな()!

    不用品回収業者の比較するなら!【エコノバ】


    笑い2



    1: Felis silvestris catus ★ 2021/03/09(火) 18:13:48.09 ID:CAP_USER9

    https://anonymous-post.mobi/archives/6771
    各党の支持率は NHK世論調査
    2021年3月8日 19時42分

    各党の支持率です。

    「自民党」が35.6%、「立憲民主党」が4.5%、「公明党」が3.2%、「日本維新の会」が2.1%、「共産党」が3.1%、「国民民主党」が0.8%、「社民党」が0.3%、「れいわ新選組」が0.2%、「NHK受信料を支払わない方法を教える党」が0.2%、「特に支持している政党はない」が40.1%でした。


    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210308/K10012904021_2103081908_2103081942_01_02.jpg

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210308/k10012904021000.html

    関連記事

    <TBS世論調査>政党支持率 自民38.3%(+1.6) 立憲4.8%(-1.4)~ネットの反応「立憲高過ぎ」「そろそろ維新に負けちゃうな」 https://t.co/iv2kaoeiF7

    — アノニマス ポスト ニュースとネットの反応 (@anonymous_post2) March 8, 2021

    (略)



    引用:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/snsplus/1615281228/


    【NHK世論調査 政党支持率 立憲民主党4.5%(-2.3) ネット「蓮舫を抱えてりゃそうなる」「日本の為の政党じゃないから早く無くした方がいい】の続きを読む




    別におかしくないだろ!

    不用品回収業者の比較するなら!【エコノバ】


    それがどうした3


    1: クロ ★ 2021/02/18(木) 22:01:10.84 ID:CAP_USER9

     18日に放送されたNHKのドキュメンタリー番組「夫婦別姓 “結婚”できないふたりの取材日記」(Eテレ特集)で、選択的夫婦別姓の実現を願う夫妻のインタビューに応じた亀井静香・元金融相(84)が、「国家の恩恵を受けたいなら、ルールに妥協しないと」「夫婦が『姓が一緒だ、別だ』と言うこともない。みんな天皇の子だから一緒」などと発言する様子が放映された。視聴した人からは「悔しい」「価値観の押し付けが可視化された」といった投稿がソーシャルメディアに相次いだ。番組は22日午前0時45分から、NHKEテレで再放送される。

     番組は、法律婚を選ばず夫婦別姓での「事実婚」を選んだ映像制作に携わる男性(40)と妻(27)が、自分たちの2年半にわたる取材や葛藤の記録をまとめたセルフドキュメンタリー。

     2018年に夫がプロポーズしたところ、妻が「結婚はしたいけど、夫の姓にはなりたくない」と求めたという説明から番組は始まる。妻は「自身の名字で生きてきたので、夫の姓にしてアイデンティティーを失いたくない」と訴えたという。

    ママは自分の姓で歩む VERYモデルが選んだ「離婚」
     夫が妻の姓に変えることも検討したが、夫の両親に猛反対された。夫妻は、家族法の専門家や別姓を選んだ家族のもとを訪れ、話を聞く。選択的夫婦別姓制度に賛同する与野党の国会議員とのやりとりや、自民党本部で開かれた勉強会に2人が当事者として招かれた様子も収録されている。自宅で夫が「子どもが嫌な思いをするかも」と悩みを吐露すると、妻が「なんだかんだ多数派にいないと不安なんだ」と応じる場面もある。

     夫妻は取材を続けるなかで、国会議員在職中から選択的夫婦別姓に反対してきた亀井氏のもとを訪れる。

     夫妻と対面した亀井氏は「事実婚夫婦。ややこしいんだね、あんたたち」「愛し合っているなら姓が一緒じゃないと困るんじゃないの」と逆に問いかける。

     妻が「なぜ夫婦同姓じゃないと結婚が認められないのか」と返すと、亀井氏は「国家の都合。ひとりのわがままに合わせていたら国家は困っちゃうんじゃないかなあ。1億人以上いるから付き合ってられない」と答えた。

    朝日新聞
    2021年2月18日 19時26分
    https://www.asahi.com/articles/ASP2L67GTP2LUTIL02J.html



    引用:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1613653270/


    【【亀井静香氏】別姓願う夫婦に「付き合ってられない」「みんな天皇の子」】の続きを読む




    マスコミは全く取り上げ無い()!

    不用品回収業者の比較するなら!【エコノバ】


    何言ってんの2




    1: Felis silvestris catus ★ 2021/01/23(土) 17:44:10.40 ID:CAP_USER9

    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/210123/pol2101230004-n1.html
     「軍艦島」こと、長崎県・端島の暮らしを記録したNHKのドキュメンタリー作品「緑なき島」をめぐり、一般財団法人「産業遺産国民会議」と「真実の歴史を追及する端島島民の会」が「事実の改竄(かいざん)が行われた」と告発している問題が、自民党の会合で取り上げられた。

    自民党

     「NHKの映像がなければ、ここまで島民の人権が傷つけられることはなかった」

     元内閣官房参与で、国民会議専務理事の加藤康子氏は22日、国会内でこう講演した。自民党の稲田朋美元防衛相が共同代表を務める議員連盟「女性議員飛躍の会」が主催したもので、約20人の議員が出席した。

     1955年放送のNHK番組「緑なき島」は、炭坑作業者がふんどし姿で、這(は)いつくばるような低い坑道で作業する映像を報じた。

     映像は「強制連行」被害を報じる韓国メディアに引用されたが、国民会議側の調べで、元島民の証言や当時の坑内規則と食い違うことが明らかになった。

     NHK側は「当時の端島における取材に基づき、制作・放送された」と回答している。

     稲田氏は会合後、「いわゆる徴用工問題で、日本のメディアが真摯(しんし)に向き合わないことは問題だ。自民党の組織や議連などで追及していきたい」と語った。
    PR



    引用:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1611391450/


    【NHK「軍艦島」映像捏造疑惑、自民党会合で取り上げられる 稲田朋美「日本のメディアが真摯に向き合わないことは問題】の続きを読む




    ×「皆様のNHK」→「俺様のNHK」

    何言ってんの3








    1: Felis silvestris catus ★ 2021/01/01(金) 14:32:31.44 ID:CAP_USER9

    https://news.yahoo.co.jp/articles/33ec892d2bb5fa295fbc689aae41fbf5968efdf9
    元NHK記者の告白(1/3)

    古巣の「違和感」を元NHK記者が語る

     1年間に支払うNHK受信料は1世帯当たり年間約2万6000円(衛星契約)、総額は7115億円(2019年度)に上る。新型コロナウイルスの影響で、収入が減る人も多い中、NHK職員の年収は平均1095万円だという。果たして受信料の金額や職員の待遇は適正なのだろうか。

     私は昨夏、記者・デスクとして23年間にわたって勤めたNHKを退職した。日本全体がコロナ禍に喘ぐ中、私が見たNHKの実態を伝えることでNHKのあり方に関心を持ってもらうことも私の役目ではないかと考え、文章にまとめた。NHK改革をめぐる議論に一石を投じる形となればありがたいと思う。
    最初の違和感は“タクシーの公私混同”

     私がNHKに入局したのは1997年。ある大手新聞社を32歳で退職し、新潟放送局に着任した。当時の記者仲間は総じて温かく迎えてくれたが、入局直後に違和感を覚える出来事に直面した。

     ある日の正午のニュース放送直後、フロアにいた同僚記者から声をかけられた。

    「古町(※新潟市の中心街のひとつ)にメシでも行きませんか」

     新入りの私に声をかけてくれ、4人で昼食に繰り出すことになった。ただ、局舎から古町までは歩くと20分はかかる。どうするかと思っていたら、1人がタクシーを手配した。

    「タクシーでランチなんて豪勢だな」

     新聞記者時代に記者仲間と昼食に行くことはよくあったが、タクシーを利用したことなどなかった。まして業務外なので割り勘とすべきところだが、降車の際、記者の1人がてきぱきとタクシーチケットで支払った。1000円にも満たない金額だが、最初に体験した公私混同の現場として印象に残った。当時、こうしたタクシーの公私混同使用は日常茶飯事だった。

     タクシーチケットは、年に1度は内部監査でチェックされるが、監査担当者と受ける側が顔見知りであることも多く、大抵は業務利用したことにして処理されていた。白状するが、私も電車が動いている時間帯の帰宅にタクシーを利用したことが何度もあった。

     こうした実態の背景にあるのは、やはり巨額の受信料収入の上にあぐらをかいているということに尽きるのだろう。私が在勤中、絶えず感じ続けていたのは、NHK職員の公金意識の欠如だった。

     地方の報道機関で働く記者なら、NHKの桁外れのタクシー使用に少なからず気づいていると思う。地方の新聞社や民放の記者は、社有車やマイカーで取材現場に駆けつけるが、NHKはタクシー利用が原則だった。ニュースバリューが高い事件・事故となると、さらにディレクターやアナウンサーも駆けつけ、現場に何台ものNHKのタクシーが連なることも珍しくなかった。

     NHK各局には映像を伝送できるニュースカーなどの局車もあるが、台数が限られ、取材の足はほぼタクシー頼みだ。結果、タクシー代は膨れ上がる。

     これには一般には知られないNHK特有の事情もある。新聞社は大都市圏を除けばほとんど記者に自動車免許を取得させてマイカー取材をさせる。だが、NHKはこれをさせたがらない。「NHK関係者が事故を起こすと困るから」と当時の上司から聞かされた。

     私も新聞記者時代はマイカー取材をしていたのでNHKに入局後、すぐにマイカー使用を申請したが(一応「マイカー制度」というものはある)、手続きが煩雑なのに加え、上司があまりいい顔をせず、認められたのは、しぶしぶといった具合だった。

     事故を起こして困るのは他のメディアも同じだが、だからタクシーを使いたい放題となるわけがない。そんな経費の使い方はとても認められないだろう。

     私が関東のある県でニュースデスクをしていたとき、警察担当の若い記者が連日、タクシーで県内各地の警察署を駆け回っていた。


    (略)



    引用:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1609479151/ 【元NHK記者の告白 NHKの「タクシー私的利用」と「受信料名簿の取材流用疑惑」】の続きを読む

    このページのトップヘ